よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

ななたに [富小路六角]

町家でたっぷりいただける洋の地鶏料理

*訪問から時間の経っているレビューです。
【初訪問:2012年9月】
隠す訳ではないですが、二つ足が大好きな私。自家養鶏の地鶏を使った料理のお店が出来たと知り訪問決定。マイレビュアーのくぴぷちさん、さいぼうぐさんが好評価のレビューをアップされているので、安心して訪問しました。富小路通を六角から上がった東側、雰囲気ある町家の一軒がこちらです。並びに人気の居酒屋さんや蕎麦屋さんがあるところです。開店後間もない時間、確認の電話をして伺いましたが、広いお店には十分の席がありました。右手のキッチンに向かってカウンター席、左側にテーブル席が並んでいますが、スタッフの方はそこを通り抜けて更に奥へと導いてくれます。靴を抜いで進み、町家らしい坪庭の横を抜けたところにある掘りごたつ席に案内されました。更に奥には蔵を改装した個室があるようで、時折賑やかな声が聞こえてきました。

店名になっている「七谷地鶏」のお店ですから、それを使ったお料理がメインです。しかしこちらは洋のメニューが豊富に揃っているのがポイント。特にローストチキンと野菜がキーワードとなっている様です。加えて居酒屋定番や〆のごはんまで用意されていますから、ワインでもお茶でも楽しめます。メニューを見ながら、ドリンクも一緒に考えながらの検討です。お料理は注文内容の順序良く出していただけましたが、それぞれのお料理が出てくる時間はちょっとかかりました。

○鶏パテ (1000円)
レバー製の大きな一切れですが、クセを抑えた仕上がり。塩味、スパイス味もほど良い感じで、思わずワインがぶ飲み、というものとは一線を画しています。アクセントにマスタード、それにピクルスが少し付いていました。
○スモークチキンと新玉ねぎのキッシュ (600円)
お値段から軽いものかと思っていたら、二切れもありました。薫製の風味と玉ねぎの甘さが期待通りの旨さで、さらに生地の部分の厚さとボリュームも素晴らしいです。ユニークさもあって、今回のオーダーの中で個人的に一番でした。
○野菜8種のサラダ (900円)
シンプルなサラダですが、トマト、オクラ、梨、水茄子、瓜など、旬野菜がたっぷりでした。
○もも肉のパリパリ焼 (1800円)
もも肉一枚とたっぷり。皮はパリパリ、肉はジューシーで、塩味は少し強めでした。ほうれん草のソテが肉の下にあって、白ワインに合う一皿でした。
○たまごかけごはん (400円)
地卵もご自慢のお店です。私はたまらず〆にストレートな一品を。文句無しに美味しいです。
○プリン (400円)
デザート派のお方が選択。一口いただきましたが、甘すぎず、卵の風味がちゃんとわかるものでした。
○ドリンク
グラスワインワイン(580円、680円)を数杯、最後の方に、ななたにTea(400円)、ウーロン茶(320円)をいただきました。

以上を二人でいただき、一人4000円ぐらいの会計になりました。
初めての訪問ですが、期待通りで満足いたしました。不思議に感じたのは、同じ鶏肉を使っている何種類もの料理が並ぶメニューから、どれを選ぶかというのが難しかったことです。それぐらいの選択肢がありますので、何か面白いものが見つかると思います。明細付きのレシートが出る明朗会計も誠実さを感じますし、次の機会に抑えめの評価を再評価したいと思います。

【店舗データ】
ななたに
075-211-0860
12:00~14:00、17:30~22:30
定休日 火曜日
京都市中京区富小路六角上る
リンク

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする