よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

豚人 [一乗寺]

力で押してくる感じを楽しめる若人向きの一杯

*訪問から時間の経っているレビューです。
【初訪問:2012年8月】
お店の評判は聞いておりまして、何時かはと思い機会を狙っていました。ただこの辺りの人気店ということで、その行列を想像すると二の足を踏んでいました。それで夕食をどこにするか、思案しながら界隈に居た時、偶然にも行列らしき物が無いことに気づきました。折角の機会と思い、急遽訪問決定。叡電の踏切近くにあって、以前もラーメン店だった場所です。因にこの通りを西に行くと、開店することが少なくて、幻とも言えそうなラーメン店があります。久しぶりでこの辺りでラーメンだな、と勇んだ気持ちで引き戸を開けますと、中のある兄ちゃんがカウンターから、「外で暫くお待ちいただけますか」と、丁寧な言葉とはマッチしない大きな声を発せられました。いきなりのことで圧倒されてしまいましたが、ラーメンが旨けりゃ気にしない、と、空席が出来るまで外で待ちました。

中に案内され、5、6席あるカウンター席の空いている一席に座ります。他にテーブルが2卓あるこの店舗に当日スタッフは、若い男性3人でした。主に1人がほぼ全ての調理を行い、サポートで一人。あと一人は完全にホールのみの担当でした。メニューや店舗のコラボ企画案内などを拝読していると、こちらの標準「とんとんこつ」をいただく勇気がなくなってきました。なので少しコッテリ度が低いものをオーダーして待ちます。お店に入ってからも、結構待ちました。

○醤油とんこつ (700円)
とんこつを魚だしで割っているものの様です。スープは醤油の味がかなり強く感じまして、とんこつと魚介の旨味も十分でした。油も私にはちょっと濃いですが満足できました。麺は細麺、太麺、ちぢれの三種類からちぢれを選択、スープに良く絡む旨い麺でした。トッピングは味玉子半分、のり、薄いが大きめのチャーシュー、ねぎ。いただいた最初はなかなか良い印象でしたが、残りが半分ぐらいから急に舌が疲れた感じになりました。ちょっと力で押し切られた感じで、特に塩分に関してはもう少し薄い方が好みに近かったです。

なるほど、評判に聞くだけあって、まずまず楽しんでいただくことができました。ちょっと塩気の濃さが気になりましたが、濃い味が欲しい時には再訪問ありです。次回は定番、とんとんこつ、をいただきたいと思います。

【店舗データ】
豚人 (ぶたんちゅ)
075-723-8110
11:00~14:30、18:00~23:30(日曜日は22:00まで)
無休
京都府京都市左京区一乗寺東杉ノ宮町42
リンク

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする