よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

玉蘭 [北白川]

学生とドライバーが集う暢気な「レストラン」

【2011年12月、初訪問:2008年4月】
百万遍から今出川通を東へ、農学部の門を超えて少し行った南側にあります。何軒かお店が並んでいる中の一軒で、久しぶりに伺いました。メモを見ると2年前の冬です。その時と同じメニューをいただきたくなって、訪問いたしました。

店名は玉蘭(ぎょくらん)で、4人がけのテーブルが6、7卓あります。そこそこ年季を感じる設え、内装のこちらは、おっちゃんがホール担当。キッチンはおばちゃんが一人で仕切っておられます。天吊りのテレビ、新聞と雑誌など、食堂としてのアイテムは完備。場所柄でしょうが、学生とドライバーが集い、食事と憩いの場となっております。フライや炒めもの、焼魚等の定食から丼や麺類、カレーなど、メニューの多さはちょっと驚きます。ごはんの盛りが多めであるのも、界隈では人気の必要条件でしょう。唐揚げ、ヒレカツ定食などの一つが、曜日替わりサービスとして安く提供されます。また本日の魚定食、として日替わりで魚料理も一つ、用意されています。

○カキフライ定食(750円)
実は以前の満足度を思い出し、シーズンとなって伺いました。まず小ぶりながら7個の牡蠣、というのは以前と同じです。しかし調理の具合はちょっと残念でした。薄めの衣がちょっと濃い揚げ色、その見た目から予想した通り火が通り過ぎておりました。前回の仕上がりとの違いはかなりあります。
同じお皿にキャベツ、胡瓜のサラダ。デザートにみかん四分の一個。ごはんは小丼にしっかり。白みそのみそ汁と日野菜の漬物は、京都の冬の贅沢、と言えるでしょう。

久しぶりの訪問で、ちょっとメインの仕上がりは正直残念な感じでした。しかし以前と変わらずおっちゃんも親切でしたし、暢気な雰囲気も然り。店舗の入り口に立って見上げると、堂々とRESTRANTのアルファベット文字列が掲げられております。

【店舗データ】
玉蘭(ぎょくらん)
075-751-0124
11:30〜14:00、17:30〜21:00
定休日 日曜日
京都市左京区吉田本町26

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする