よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

カオロウ館 [四条木屋町]

狼になった気分でラム肉三昧、夜の街

【初訪問:2011年8月】
元々好きな方ですが、最近はいただく機会が増えて美味しさを再認識したラム。そういう私の目に留まったのがこちらのお店です。肉といえば牛、他に鶏と鴨の他は意識外じゃないのか、という京都で、豚どころか羊の専門店を永らく営まれている。しかもお店のある場所が、所謂歓楽街の一角。このマニアック度抜群のお店も事前に情報をいただいていたので、訪問する気持ちになりました。

店舗は細長く奥行きがありますが、実は両端になる木屋町側、先斗町側の両方に入り口があります。それぞれの入り口写真がホームページにありますので、事前チェックを怠らない方は参考にされると良いかと思います。私は以前に先斗町側を通った時に見たので、そちらから入りました。北側壁にカウンターキッチンで4、5席あり、南壁側壁沿いに2人用のテーブルが数卓です。設えもクラッシックな感じのこのスペースを案内するのは、キッチンと接客を預かる元気なマダム、それにまだ色々と指示を受けてお運びをする若い男子の二人です。メニューを確認して、初めてだから色々いただこうと、定番が一通りいただけるセットメニューにしました。

○Bセット(4000円)
*スープ:塩こしょう味の透明のスープでした。ミンチ状のお肉少し、ベビーコーン、人参など。最初に食欲アップさせてくれます。まあ、無くても食欲は十分ですが。
*サラダ:レタス、ミニトマトのグリーンサラダ。フレンチドレッシング。
*前菜:マリネかタタキの選択です。折角なので、マダムのご厚意で一皿ずつ出して貰いました。
マリネ:ピンク色の薄切りラム肉が魅力的です。玉葱などと一緒に酸味、薬味が効いているソースが良いです。トマト添えでサラダ感覚でいただけます。
タタキ:中が未だ赤い状態のものがスライスで出されます。玉葱と貝割れが薬味のポン酢味。個人的にはこちらに軍配が上がりますが、如何せん量が少なかったので満足には至りませんでした。
*骨付きラム炭火焼:塩胡椒かタレ、というを選択肢なので、タレをお願いしました。次のメニューとの重複を避けよう、という思いからです。甘辛のテリヤキソースが染み込んで香ばしく焼かれたリムで、見た目通りのガッツリ味で美味しいです。ちょっとラムの香りが消えて食べやすくなっていましたが、例のクセのある風味が好きな私はちょっと勿体なく感じました。そういう人は塩胡椒が良いかもしれません。
*黒胡椒ステーキ:げんこつ半分ぐらいの固まりの表面をタップリの胡椒をつけて焼きあげて、スライスにされたものでした。ミディアムレアでラムらしい味が感じられます。上品な味で、がっつり感は骨付きに軍配があがります。野菜(ジャガイモ、人参、ブロッコリ、シメジ)のムニエルと、カレー味のピラフが少し添えられていましたが、正直これは特に無くても良いかと思います。
*コーヒー:ちょっと薄めでした。
○ビール
サッポロのラガー、居酒屋ファンに支持率高い、所謂「赤星」です。
○赤ワイン(1800円)
一番安いボトルで、お値段なりのお味でした。

今回は一通り経験しよう、ということなので、コースをいただきました。結論は、自分の好みを基準にすると、料理それぞれの当たり外れの幅が結構大きい、ということです。なので、こちらはコースより自分の好きな物一つか二つを選び、集中して食べるのが良いお店に思えます。例えば骨付きラム二本とビール、タタキとラム肉カレー、など。会計を済ませて辞する時、「決して怪しいお店ではないですから、是非またどうぞ。」とのマダムのお言葉が印象的でした。次回更に満足度アップを期待しつつ、今回は抑えめの評価にしたいと思います。

【店舗データ】
カオロウ館(かおろうかん)
075-341-5736
17:00〜22:00
定休日 木曜日
京都市下京区木屋町四条下ル斉藤町124 アサヒ5号館 1F
リンク

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする