よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

タンドレス [白川通曼珠院道]

季節を感じる別嬪洋菓子は郊外でも大人気の驚異

*訪問から時間の経っているレビューです。
【初訪問:2012年10月】
ロケーション、営業日どちらをとっても、恐ろしくハードルの高いお店ですが、前の店名(ベックルージュ)の頃からずっとコアなファンを獲得している、フランス風菓子の超有名店です。熱いファンの皆様の多大な貢献によって、こちらの商品の写真と情報が、食べログにも多く掲載されています。美しい菓子を多く拝見する訳ですから、私の様な甘い物にそれほど詳しくない者でも、一度は試してみたいと思っておりました。

イートインと持ち帰りのどちらか、については、それぞれお奨めする方が居られました。どちらにするか悩ましいですが、伺った時に席が空いていたため、イートインでいただくことにしました。上品なマダムと、彼女の美意識を反映したお二人の別嬪さんがしっかりと応対していただけます。あまり余裕のあるテーブル配置とは言えませんが、菓子に集中するには丁度良いかもしれません。ショーケースに並ぶ美しいケーキを前に、どれにしようかと思案する同行者。選択権は完全に譲渡し、選んで貰いました。一緒にお願いした紅茶のタイミングで運んでいただきましたが、意外と時間はかかりました。

○ブラ・ドゥ・ヴィニュス (580円)
メニューには、「洋梨の入った濃厚なキャラメルクリームと香辛料のビスキュイ」とあります。中にタップリの洋梨入りキャラメルクリーム、それに香辛料のアクセントが印象的。
○ディヴァン (580円)
メニューには、「ピスターシュのバタームースにフランボワーズのフレッシュな酸味とカリカリッとしたビスキュイショコラ」とあります。薄緑色のムースにピスタチオの風味は控えめですが、上に乗った木いちごとの組み合わせは絶妙です。
○紅茶 (450円)

どちらのケーキも、味がどーん、と迫るのでなく、すーっと口中に広がる感じを楽しめました。それでいて満足感が得られるのが不思議です。週に3日と限定されていますが、どの商品が用意される予定かホームページにアナウンスがあります。また熱いファンの方のレビューやブログで、それらの写真を見ることができます。十分に予習できますし、是非にと思う一品があった場合は、売り切れる前に行かれることをお奨めします。

【店舗データ】
パティスリータンドレス
075-706-5085
11:30~19:00、イートイン13:00~18:00
定休日 月曜日
京都市左京区一乗寺花ノ木町21-3
リンク

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする