よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

萍萍 [祇園]

好みの一品狙いで楽しむ祇園の老舗台湾料理店

【初訪問:2011年10月】
京都で台湾料理がいただける老舗として以前から知っておりましたが、機会がなくてそのままでした。そんな時にどうしても水餃子が食べたくなり、訪問しました。祇園北側の東寄りの路地、まさに飲食店が多くある界隈です。開店時刻にほぼピッタリの時刻にお店の前に着くと、何故か入り口が植木鉢でブロックされています。これはアカンと諦めかけたら、「ちょっと時間が経てば開きそうな気がする」という同行者の予想に賭けました。普段行かない様な、観光の方向きのお土産店をしばらく素見してから立ち寄ると、何事も無かった様に営業開始をしていました。ということで、こちらは開店時刻にシビアな精度は求められない様です。

そんなノンビリとしたお店を切り盛りするのは、こちらの名物おばちゃん。カウンター席が6席に4人がけのテーブル一つという小さいお店です。他に大将が居られましたが、調理はほぼ全ておばちゃんがされます。親切で料理自慢のおばちゃんが、料理毎に美味しい食べ方や調味料を奨めてくれます。食事中にお店に入ってきた別嬪のお手伝いさんを見ると、大将が徐にビール瓶の栓を抜いてカウンター席の端で飲み始めました。大将の勤務シフトはこのようになっているようです。恐らく後深夜まで、おばちゃんのキッチン、別嬪さんのサポートとホール、という担当で営まれるのでしょう。メニューから気になる物を色々と選び、少しのお酒でいただきました。

○豚舌の醤油煮
旨味がぎゅっと染み込んだタンが、良い食感に仕上がっています。スライスで8枚ぐらいで、妥当なボリュームですがもっと食べたくなりました。味付けは優しいですが、独特の風味がおつまみにも合います。
○手作り水餃子
コチラの名物、かつ「人気ナンバーワン!(大将談)」の一品。プリプリの自家製餃子がたっぷり。数えるのを忘れましたが、15、6個はあったと思います。そのままでもいただけますが、テーブルの醤油、酢、辣油があるのでお好みでつけても美味しい。お願いしたら黒酢も出してくれました。
○春巻
パリッとした皮に包まれた2本で一皿。中はとろとろの餡で、私の好きなシャキシャキした具の入ったタイプではありませんでした。それでもうま味があって、美味しくいただきました。
○青菜炒め
タップリの青菜が、鶏ガラスープでシンプルに炒めた一品。行った時は、恐らく空心菜と小松菜のミックスだったと思います。大変美味しくいただきましたが、量の多さから途中から少し舌が疲れてきました。
○イカ団子の唐揚げ
もっとイカの感じを期待していましたが、ほぼ魚の練り物の天ぷら(さつま揚げ)でした。勿論美味しいですが、ちょっとポーションが小さめでした。
○ちまき
2個分の大きさの塊が、蒸し上がった状態で一皿に。味も風味も流石に美味しく、具のチャーシュー等の味もじんわり楽しみました。
○坦子麺(台湾ラーメン
名物!とありましたが、普通に美味しいかな、という程度でした。優しい味の鶏ガラスープに中太の麺で、〆には丁度良いでしょう。

これに梅酒と焼酎を少しいただいてお腹いっぱい、二人で7000円ちょっとのお会計になりました。
料理全体を考えると、良かったものと平凡なものが混在している感じがしました。その辺り、好みの料理を見つけることが重要かと思います。今回は本気でガッツリいきましたが、飲み疲れた時の二軒目で軽くいただくのがベストな感じに思います。そういう機会に再訪問したいと思います。

【店舗データ】
萍萍(ぴんぴん)
075-541-4419
18:00〜27:30
定休日 日曜日、祝日
京都市東山区祇園富永町北側397 ピッケルビル1F

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする