よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

ラットン・ゾーロドーロ [烏丸高辻]

高コストパフォーマンスを否が応にも実感する人気イタリアン

【初訪問:2011年7月】
先斗町の爆食イタリアン、カヴァリーナの弟分に当たるお店で、こちらも同じくボリュームたっぷりで人気と聞いておりました。界隈のどこかで食事をいただこうかということになって、機会を得て訪問です。あまり伺ったことが無い場所でしたが、お店は判りやすいところにあります。烏丸通の四条と五条の間、通りに面して東側にある因幡薬師の参道にあります。通りの灯籠から見ると、すでに寝静まった奥のお寺の手前に、まだ夜店が開いている様な趣きでちょっとワクワクします。

小さな町家かと思いながら入ると、ずっと奥行きのあるお店でした。所謂「鰻の寝床」ですが、明るくてテーブルの間もかなり余裕のある配置、気分が良いです。左側は10席ほどはあるかと思われるカウンター席、その前にはショーケースに前菜が用意されて待機中です。反対側の壁にはテーブル席が一列に並んでおり、唯一空いていた一番奥に案内されました。スタッフは皆若く、お客の応対もきっちり抜かりないです。ちょっと体育会的でお客に媚びない甘えない真面目さを感じますが、これは先輩店と同じ流儀なのかもしれません。

メニューを拝見して、やはりこちらは肉が多い様です。当然量の多さは予想しているので、スタッフに確認しながらオーダーをいたしました。コースは用意されていないので、アラカルトから選んて組み合わせることになります。ちょっと料理の出るタイミングが開く事がありますので、ゆっくりといただきましょう。

○前菜盛り合せ(800円)
カウンター席なら目の前にあるショーケースを眺めながら選べますが、テーブル席でしたのでお任せになりました。野菜が中心ですが、たっぷりありました。シシャモのマリネ、南瓜のマリネ、ズッキーニのグリル、キッシュ、ごぼうのマリネ、ブロッコリ・カリフラワー・オクラのサラダ、赤色(恐らくパプリカ)のムースでした。シシャモ、ごぼうの香ばしくて少し酸っぱい味が食欲をかき立てます。
○バベッティーナ 海の幸 山の幸(1500円)
存じ上げなかった麺なので聞いてみますと、「タリアッテレの細いもの」という説明でした。ところが平打ちの印象はほとんど無くて、断面が楕円になったぐらいです。ソースは良く絡んでいて、美味しいパスタだと思いました。オイルベースで海からはイカ、海老、小柱、山からはシメジ、エリンギなどの茸が参加。ニンニクは控えめながらちゃんと風味がしております。しかし大食いには嬉しくなるぐらいタップリ、出てきた時に呆れていたかみさんは、麺だけで150グラムぐらいはあるはず、とのこと。
泉州犬鳴豚のロースト(1800円)
明らかにがっつりそうなメニューから選択。甘い脂の味をたっぷり堪能しました。添えられているドライトマト、オリーブ、アンチョビソースも良いアクセントで、パンやワインとどんどんいただきました。期待通りです。
○パン(300円、コペルト)
自家製の胡麻のパン、フォカッチャがたっぷり。テーブル当たり一かごで、相変わらず旨いです。
○濃い牛乳のアイス オレンジソースとパンナコッタ(450円)
ミルク分は濃いですが、甘さはそれほど強くないのとオレンジソースの酸味で爽やかなドルテェでした。
○ドリンク
グラスでスプマンテ(800円)が用意されています。赤ワイン(700円)、コーヒー(450円)もちゃんと美味しいです。

やはり兄貴分のお店と同じく、爆食で旨い!は健在。きっちり明細入りのレシートが出るのも、同じく誠実なお店であることを良く示しています。お店の雰囲気は、こちらの方が広くてずっと快適です。カウンターで一人居酒屋使い、ということもこちらは十分に可能だと思います。願わくば、少しでも生パスタが用意されていたら、さらに楽しいお店になると思います。再訪問十分にアリ、です。

【店舗データ】
ラットンゾーロ ドーロ
075-352-7555
平日 11:30~13:15、17:30~24:00 土・日曜日、祝日 11:30~14:00、17:30~23:00
定休日 水曜日
京都市下京区因幡堂町717
リンク

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする