よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

麺屋 極鶏 [一乗寺]

濃厚スープに変身した鶏肉エキスを麺に絡めて食す

*訪問から時間の経っているレビューです。
【初訪問:2012年10月】
開店から評判となり、たちまち人気のお店となったこちら。ラーメン店が多い一乗寺界隈でも行列が目立つお店になっています。隣の盛りの良いそば店も人気店として長いですが、スポットライトはこちらに移った様です。近くに来た時に何度か店頭の行列を確認しておりましたが、たまたま行列の無い時に巡りあいました。絶好の機会と入店、店内に数席ある待ち客用の椅子の最後尾に座りました。

こじんまりとした新しい店舗で、キッチンに二人、ホールに一人スタッフが居ました。入ってすぐのカウンターに5席、奥に4人用テーブルと座敷が1卓。座敷の卓は真ん中に衝立があり、2組が気兼ねなく相席出来る様にしてあります。スタッフ一人は駐輪スペースと外で並ぶ人の状態を頻繁にチェックしています。順番が来て席に着き、メニューをチェックしました。麺は4種ありましたが、初めての私は定番と思われるメニュー先頭に記載の一品をオーダーしました。

○極鶏 鶏だく (650円)
まずその粘性の高さに驚き、口に入れた時の甘さと濃厚な旨味に圧倒されました。名前から鶏だしということは判りましたが、中太の麺に絡んだ様子は、つけ麺に胡麻だれが絡んでいるぐらいのビジュアルです。厚切りチャーシュー一枚ありますが、柔らかく箸でほぐれるぐらいで良い感じ。メンマは他店より三倍ぐらい太く短いのも面白く、あまから味がしっかり入っています。白髪ねぎに七味のトッピングは、濃厚な鶏だしの味に良い変化を与えています。
○煮玉子 (100円)
別に小皿で出てきます。ちゃんと美味しいですが、他店のラーメン店とは違った楽しみ方をしました。蕩けた黄身を麺に絡ませて食べるのが好きですが、濃厚なこちらのスープには不要でした。むしろ鶏だしを卵に付けていただきました。卵に少しつけつゆがありましたが、良い味だったので、ラーメンに入れて少し味替わりを楽しみました。

後で調べたら、こちらは鶏ガラでなく大量の鶏肉そのものを煮ておだしをとっておられるとのこと。スープの味含め、どちらかというと好みの味に近いと思います。しかしながら、初めていただいた感想としては、戸惑いの方が強いです。初めて天○一○を食べた時に似た衝撃を受けましたが、旨味の濃厚さはこちらが圧勝です。何度か伺うと、きっと癖になる予感がします。

【店舗データ】
麺屋 極鶏(めんや ごくけい)
075-711-3133
11:30~14:30、18:00~(スープ売り切れ)
定休日 月曜日
京都市左京区一乗寺西閉川原町29-7
ブログ

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする