よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

更科 よしき [富小路六角]

美しく香り佳いお蕎麦がいただける裏通りの小さなお店

*訪問から時間の経っているレビューです。
【初訪問:2012年10月】
こちらも永らく機会を狙って居りましたが、新そばの時期のウィークデーのお昼に伺うことができました。寺町の商店街から六角を西に入り、すぐの富小路を北に折れて少しの場所にあります。すぐ近くに別カテゴリーの人気料理屋さんが何軒かある、外食好きには素敵な界隈です。こじんまりしていますが、建物の木が新しく明るい感じの店内です。といってもインテリアに過剰な拘りがあるわけではなく、気のおけない感じ。一部のメニューは貼り紙で、親切な説明付きです。2~4人用のテーブルで3卓、奥にカウンター席が6席。ハキハキと、しかし丁寧に話される女将さんがお店を切り盛りしており、ご主人はカウンターの内側で調理に集中されています。天ぷらが充実していて、お昼用に良さそうなセットがありましたのでお願いしました。

○もり・小えび天丼セット (1230円)
限定10食とのお断りがあります。「もりそば」は、軽めの量。二八の細く綺麗な蕎麦は、固めにつるっとした仕上がりでお蕎麦の風味が素晴らしいです。つゆはそれほど濃くありませんが、おだしの旨味はしっかりあります。薬味はわさび、刻みネギでした。蕎麦湯はさらっと、薄めで、これは濃いそば湯が好きな私は残念でした。「小えび天丼」は、丸い形の小エビは3尾。衣はほとんど無い天ぷらで、たれがしっとり染み込んでいます、ごはんは軽めで、甘辛の天つゆも良かったと思います。白菜の浅漬けが付いていました。

お蕎麦は流石に良かったですが、少しポーションが小さくて残念でした。天ぷらも、丼などよりも単品で酒肴にした方が良さそうです。お蕎麦は今回いただいた二八の「もり」の他に、十割なども用意されています。次回はお昼の遅めの時間、いろいろなお蕎麦をたっぷり試してみたいと思います。

【店舗データ】
更科 よしき (さらしな よしき)
075-255-9837
11:30~14:30、17:30~21:00
定休日 日曜日
京都市中京区富小路通三条下ル朝倉町536 富小路マンション 1F

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする