よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

チャーリーの夢飛行 [北白川]

ボリューム派が夢見る北白川の肉系定食店

【2013年1月】
初訪問から年に1、2度伺っておりますが、毎度のようにボリュームとコストパフォーマンスに満足しております。奥行きのある店舗は、お昼時に学生さんでほぼ満席でした。こちらでは「日替りセット(780円)」、「プルコギ丼(680円)」が人気の様で、私もそれぞれ一度いただいたことがあります。しかしそれ以外の訪問時では、同じオーダーばかりしております。

○ヒレとんかつ定食(通称A) (680円)
初訪問からずっとお値段は変わっていません。ボリュームは少しずつ増えているようにさえ思います。メインのお皿にはヒレの一口カツが8個、市販と思われるとんかつ(中濃)ソースでいただきます。衣は厚め、サクサクとした食感が一番の特徴です。一個が美味しい豚串カツ2個分ぐらいのボリュームですから、8個となるとかなりボリューミーなランチになります。
季節により茄子のフライなどが付いていますが、伺った時は揚げ餃子でした。タップリの千切りキャベツのサラダが胡麻ドレッシングでいただけるのが、これをオーダーしたくなる二つ目の理由です。バジル味のリングイネの付け合せと一緒に、大きなお皿に盛り込まれています。加えて、小皿に切り干し大根煮が付いています。盛りの良いごはんも健在、今回はわかめのスープでした。

阿川佐和子似の女将さんも、相変わらず元気で親切な応対をしていただきました。一方、キッチンに居られるとご主人と思われる方のお顔は、拝見したことはありません。ご馳走さま、にお返事いただく声から想像する限りですが、きっとご親切な方だと思います。この味とボリュームとお値段が続く限り、人気は揺ぎないでしょう。

*以前のレビュー*
【初訪問:2008年7月】
1969年、アポロ計画4番目の有人飛行にて、アポロ10号の司令機械船(コールサイン:チャーリーブラウン)は、月面まで15.6kmに接近し予定通り調査を終えた着陸船(コールサインスヌーピー)を見事ドッキングした。人気アメリカの漫画の、少年が犬を抱いている姿を思い起こさせる。その後に地球に帰還する際、時速39897kmという、有人の乗り物として最高速記録を打ち立てた。この帰路は、まさに「チャーリーの夢飛行」と言えるだろう。

閑話休題。

このエピソードに因んでいるのか否か。何ともかわいい名前のお店で、外から見たお店の様子もこじゃれた感じがします。カフェか雑貨でも扱うのかと思いますが、そのようなご商売にはそぐわない場所柄です。実は看板にあるとおり、食欲旺盛な学生様御用達の、トンカツを中心にした定食屋さんです。少し前まで白川通沿いにあった「チャーリーブラウンのとんかつやさん」がこちらに移転し、名前が変わって再スタートされた様です。以前のお店でもボリュームたっぷりの食事が人気だった様ですが、こちらでも十分に手頃な値段でがっつりといただけます。

○ヒレとんかつ定食(通称A) (680円)
ヒレカツは一口サイズのものが6個入っています。パン粉は少し荒めで衣も厚めですが、油が切れたサクッとしたカツに仕上がっています。付け合わせのキャベツも皿に山盛り、ごはんも小丼にしっかり。腹をすかせた学生や勤め人にも有り難いお店で、私ぐらいの食欲なら十分満足ですが、若い猛者はごはんを大盛りにしてがっついています。小鉢、スープまで付いてこのお値段、私にとって、北白川のU-700(700円以下)3大ランチの一つとして認定したいと思います。

テーブルにはドレッシングの他、自由に取れる梅干し、ふりかけの小袋まで置いてあります。経営努力されて、味とサービスの維持に努められているのでしょう。女性や家族連れも時折見ますが、お店の方の配慮もあって問題なく食事はできます。相席まで出る混雑する時間に長居は無粋ですが、空いている時間なら奥の漫画本棚を眺めるのも良いでしょう。つげ義春など懐かしくもマニアックなものがあったりします。

【店舗データ】
チャーリーの夢飛行(ちゃーりーのゆめひこう)
075-724-9989
11:30~14:00、17:30~21:30
定休日 土曜日
京都市左京区北白川久保田町64-14

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする