よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

ザンパノ [元田中]

踏切を臨むカフェで暢気な時間を過ごす愉しみ

*訪問から時間の経っているレビューです。
【初訪問:2012年9月】
二階にあるお店の窓側のカウンターに座り、眼下にある踏切を通る叡電を眺めていました。大通りを遮る踏切で、何台もの車を止めてから、一両だけの電車が通る長閑な風景。そんな時、ちょっと唐突な感じで興味深い話が聞こえてきました。

ドヴォルザークは、鉄だったらしい」

鉄道は好きですが、世にいう「鉄」と称される方々の熱心さにはとても叶わないと自覚。そんな私であるので、大作曲家がどのくらいの鉄ちゃんなのか、張合ってみたい気がしました。

お店に入ってすぐに、右手のキッチンカウンターに立つ男性店主さんにオーダーしておいた「自家製サングリア (600円)」が届き、それを飲みながら、逸話なんかを聞きます。美味しい中華料理を食べた後、二軒目の過ごし方としては、かなり良い感じのひと時。店内には、一人で読書している男性、お喋りを楽しむ女子達が、それぞれ思い思いの時間を過ごしています。

出不精のドヴォルザークがアメリカへの誘いに乗ったのは、最新の機関車に惹かれたから。
「新世界より」の第4楽章冒頭は、蒸気機関車の走る音を模している。(ジョーズのテーマと呼ぶ様なものではないらしい。)

なるほど、面白いな、と、思いながら、お店を出ました。
のんびり気ままな時間があります。たまにライブなどがある様ですので、賑やかなのが好きな方はそちらへどうぞ。

後日、更なる逸話を色々と知りました。鉄としての迫力は、完敗。

注:
マイレビュアー様にいただいたコメントから、より一般的な「ドヴォルザーク」に修正いたしました。ありがとうございます。

【店舗データ】
ザンパノ
075-721-2891
14:00~24:00
定休日 水曜日、第4火曜日
京都市左京区田中里ノ内町81 宮川ビル 2F

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする