よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

いづ源 [高倉綾小路]

表通りからも実は至近、京寿司の良店

*訪問から時間の経っているレビューです。
【初訪問:2012年9月】
街中に買い物に出た日のお昼頃、何か美味しそうなものをと思案し、こちらを思い出しました。フェリーさんのレビューで知った京寿司の老舗で、大正から続く三代目だそうです。現在のご主人は、すでに現代の名工として表彰を受けられた様です。機会を伺っていましたが、良いタイミングで思い出しました。場所は四条から高倉通をずっと下がり、綾小路も越えたあたりにあります。建物も古くて年月を感じますが、店内は流石に清潔です。少し表通りから外れているのが幸いしたのか、食べ物屋さんが混雑する週末のお昼であっても、静かで落ちついてお食事がいただけそうです。

店内には卓が並んでいまして、台所は右手奥にあるようです。そちらから女将さんが出てこられ、色々と親切に応対していただきました。色々と種類がいただけるものが嬉しいけど、鯖寿司は外せない。さてさて、二人でどういうオーダーしようか、とお品書きをみながら思案していました。すると女将さん、意図を汲んでいただいたのか、こういうのもありますよ、と、我々から見にくい場所にたまたま掲げられていた盛合せメニューを指して教えていただきました。

○京寿司 (1260円)
色々と食べたい人に魅力的な盛合せです。鯖寿司が2貫、箱寿司が4貫、巻寿司が3個で、それに吸物が付いています。箱寿司は、穴子が2、えびが1、小鯛が1と、見事関西のラインアップ。特にちょっと上品な小鯛が甘いすし飯に合って良かったです。もちろん、名工が作る鯖寿司は素晴らしく、肉厚の鯖に見事な味の入り方でした。巻寿司に入っている具も流石に良いお味で楽しみました。
以上の盛合せのお寿司に吸物のお椀を、ちゃんと盆に載せて供していただきました。庶民的なお昼の食事ですが、こういう配慮をされるのが京都らしいところかな、と思います。

女将さんは丁寧な応対で、しかも身近に感じるくらい明るく話をされる方でした。地元の方が持帰りなどで利用されることが多いお店と拝察しますが、お店での食事も全く問題ありません。噂では、コチラの鯖寿司、初代が修行した超有名店よりも安くて美味しいとか。またお立ち寄りください、と謝していただきまして、満足してお店を出ました。次の機会も、この界隈で京寿司をいただきたくなったらこちらを選ぶと思います。

【店舗データ】
いづ源(いづげん)
075-351-2516
10:00~19:30
定休日 木曜日
京都市下京区高倉通り綾小路下る竹屋町391
関連ページ(京都寿司のれん会)

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする