よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

アルバーチョ チャイナ [河原町高辻]

新天地でも変わらぬ味とサービス、創作チャイニーズの佳店

*移転前の情報はこちらにあります。
*訪問から時間の経っているレビューです。
【初訪問:2012年8月】
以前は四条河原町近く、路地裏ビルの階上に同店名で営業されていました。小さいお店で席数が限られていること、豊富なメニューをオーダーごとに一つ一つ作られるシェフの姿勢もあって、週末の予約が少し困難が生じる人気店でした。何度が伺っていましたが、2012年の初夏の頃だったでしょうか、店舗が移転先のアナウンスが無いまま、準備のための休業にされました。やがて元の店舗からも徒歩圏内、河原町を高倉から少し下がって西側のビル一階に、堂々の路面店として再開されました。店内は奥行きがあって、テーブルの数とスペース共に余裕ができました。カウンター越しのオープンキッチンに立たれているのは、以前とお店と同じ長身のシェフ。黙々と調理に向かうシェフを、明るく笑顔でサポートするマダムも変わらずです。

お店のシステムもほぼ変わらず、名刺入れの冊子には、メニューが挿入されたカードで示されています。メニューとお値段は、以前と変わらない様に見えます。日替りの特別メニューも、なかなかに魅力的でした。以前にいただいて気に入ったお料理二つを含みました。
以前のレビュー: http://u.tabelog.com/yoromeki/r/rvwdtl/3090752/

○冷やしトマト ねぎ塩ソース
大きな串切りのトマトのサラダで、香ばしいごま油ベースの葱ソースと良く合っています。
○春巻三種
*海老春巻:細い海老の旨味たっぷりの、カリカリの食感。
*卵春巻:薄焼き卵を春巻の皮にした旨味、歯ごたえの良い野菜たっぷり。
*とろとろ餡の春巻:甘いとろとろ餡、熱いので要注意。
○よだれ鶏
柔らかい蒸し鶏に、甘くてピリ辛のねっとりソースが素晴らしい。
○賀茂茄子と近江牛のアンチョビと的XO醤ソース
日替りのスペシャルから。予想に反して、大きな賀茂茄子が一個、まるまる揚げてありました。それに絡んだソースに、牛肉のソテがたっぷりはいっています。トマトとアンチョビ、さらにXO醤で旨味はたっぷり。フレッシュバジルが添えてあるのが面白いです。とろとろの茄子の旨味は抜群で、ソースとも良く合っていました。複雑なお味で楽しいのですが、ボリュームもあって後半少し疲れてきました。
○ドリンク
瓶だし紹興酒、梅酒をグラスで。料理と一緒にいただきました。
何時もの我々から考えると軽めですが、ちゃんと満足いたしました。二人でいただいて、一人3000円弱とお安く済みました。

やはりシェフは少しピリピリした雰囲気で調理、マダムはそういうシェフとお客を明るい笑顔で繋いでおります。繁華街の中心からは少し離れましたが、それでも十分に徒歩圏内です。大きくなった新しい店舗で、お味もお値段も変わらず営業されていて安心しました。こちらも時々伺いたいと思います。
【店舗データ】
アルバーチョチャイナ
075-361-8039
11:30~売り切れまで、18:00~22:00
定休日 水曜日、他に月二回不定休
京都市下京区河原町通高辻下ル清水町282 名神ビル 1F
リンク

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする