よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

イカリヤ食堂 [木屋町]

スタイリッシュ狙いがハマった京のリバーサイドフレンチ

*訪問から時間の経っているレビューです。
【初訪問:2012年8月】
以前からこちらの評判は聞いておりまして、機会があったら伺いたいと思っていました。木屋町を四条からずずっと下がり、老舗や人気の食べ物屋さんが並ぶ中の一軒です。予約も無く、ダメもとで飛び込みましたが、「2時間以内でしたら」ということで、受けていただきました。夕食にはちょっと早めの時間帯だったのが、良かったのだと思います。町家をリノベートした建物ですが、板張りの床がちょっと船の甲板を彷彿とさせます。コツコツという靴音はそのまま季節の川床へ。テーブルが所狭しと並んでいますが、幸運にも最も川側の席に案内していただきました。日も傾いて暑さも十分に凌げる程度、空に怪しい雲も無い、ということで、久しぶりに床を楽しめそうです。優男、別嬪揃いのスタッフは、船乗り(セーラー)っぽいデザインの衣装。見渡すと男女二人組、または女子会の先客様ばかりでした。

ワインとコンフィのお店ということですので、フレンチのイメージがありましたが、メニューを拝見するとイタリアンと思われるメニューも色々あって、自由度が高いです。なのであまりスタイル等に拘らずに、その時に食べたいものをアラカルトから選択することにしました。前菜に興味深いものが多かったので、二人で前菜3つ、メイン1つにしました。

○ハマチのカルパッチョ (950円)
お奨めらしく、まずまず新鮮でした。紫たまねぎのドレッシング風ソースは良かったです。
○テート・ド・フロマージュ (880円)
豚のモツなど色々ば部位をゼリーよせにしたもの。タルタルソースが合っており、食感も面白かったです。
○蒸し野菜のパンナ・バーニャカウダー (950円)
バーニャカウダのソースをパンナコッタ風に用意されていて、色々な蒸し野菜に付けていただきます。山芋、紫芋、パプリカ、ブロッコリ、コーン、いんげん、ズッキーニ、レンコン、人参と、たっぷりの野菜が甘く蒸し上がっておりました。
○丸鶏のコンフィの炭焼き ハーフ (880円)
胸肉ともも肉がそれぞれ一羽の半身ずつです。マスタードのソースで焼かれた表面は香ばしいものの、中はしっとりとした仕上がりでした。ポテト、ベーコン、玉葱のソテが添えてありました。
○ドリンク
グラスでプロセッコ(550円)、白ワイン(600円)、赤ワイン(700円)を適当にいただきました。
○コペルト (700円)
パンとバターのお値段として。床の席料が含まれていると思います。

以上、二人でいただいて一人あたりほぼ4000円の会計になりました。

料理はお値段も手軽でまずまず楽しめましたが、お酒は比して印象は今ひとつ。このお店の一番は、丁寧な接客と手軽に川床を楽しめる、という魅力でした。二階席もあるようでしたので、川を眺めるのも楽しいかと思います。お皿の出てくるタイミングが多少悪いかと思いましたが、ドリンクやグラスのお水について確認はされましたので、放置されて心配になることはありませんでした。明細付きのレシートが出る明朗会計ですし、特に気軽に町家の雰囲気を味わいたい時、お洒落にワインに合う料理を楽しむお店として利用価値あると思います。

【店舗データ】
イカリヤ食堂(いかりやしょくどう)
075-276-2067
17:00~24:00、土、日曜日、祝日はランチ営業あり 11:30〜14:00
定休日 不定休
京都府京都市下京区木屋町団栗橋下ル斎藤町138-2
リンク(ぐるなび)

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする