よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

ツキトカゲ [柳馬場丸太町]

町家ダイニングとしてもはや老舗の人気店

*訪問から時間の経っているレビューです。
【初訪問:2012年7月】
御所の南端は丸太町通ですが、そこに面する裁判所のすぐ西にひっそりとある町家リノベーションのお店です。メディアやリアルな口コミでも時折評判を聞いておりましたが、焼鳥を食べたい気分になった時に予約をして訪問をいたしました。店名の謂れは、店頭のプレートにあるイラストから「月・蜥蜴」の様で、ずっと勘違いしていた「月と影」は関係ないか語呂を合わせの遊びの様です。細い通りの奥に予想以上に大きい店舗スペースがあり、中はスタッフが絶えず元気に声を掛け合っているところでした。

テーブルやソファのテーブル席がメインで、他にカウンター席も少しあります。オープンキッチンではこちらの主役である焼鳥やドリンクの準備を、奥ではその他の料理が調理されているようです。当日見かけた限りですが、全てのスタッフが若い男性で、よく響く声が印象的です。居酒屋メニューが一通り揃っていて、やはり鳥料理が一番充実していたでしょうか。お料理はどれもしっかりしておりましたが、ちょっと料理がでてくるのは遅めでした。

○セロリのピクルス
ポン酢風の味で、前菜としてとても良い感じです。箸休めにも良い感じ。
○白肝のパテ
鶏料理屋さんのパテは、必ずオーダーすべきでしょう。まったり肝の味は十分ですが、刺激はほどほど。お酒を相手にしなくてもいただきやすいお料理でした。バケットが付いています。
○焼鳥
盛り合せ7本は、あぶら肝、ささみタルタル、大阿蘇鶏もも、つくね、皮、胸梅しそ、ころころハート、でした。しっかりとした地鶏肉が美味しかったもも、大好きなハツが良かったです。追加で、砂肝、ナンコツ。味付けの塩、タレはお任せにしました。
○若鶏もも唐揚げ ハーフ
中くらいの唐揚げが4個ほど、ハーフというには十分なボリュームです。
○蒸し野菜盛り合せ
こちらは地野菜も得意にされているということで、面白いこれを選択。さつまいも、じゃがいも、かぼちゃ、絹さや、長芋がせいろに入って供されます。それぞれの野菜の甘みも強く感じられ、ボリュームも十分でした。フカフカのじゃがいもが特に良かったです。
○とりめしの焼おにぎり、地鶏の白湯スープ
〆にはやはり鶏料理屋さんらしいものを選択。メニュー名から期待通りのお味、最後まで満足しました。
○ドリンク
焼酎、珍しい発泡性の地酒(澪、という銘柄だった?)など。一人二杯程度をいただきました。
以上、二人でいただいて、一人4000円ちょっとになりました。

町家らしくお庭も良い感じですが、それに構わずスタッフは元気に居酒屋対応。接客もしっとり京都風というよりがっつり体育会風。そんな一見ミスマッチなこちらですが、しっかりとした接客と豊富なメニューを楽しんでいる間に、どうでも良くなってくるのです。比較的キャパはありますし穴場的ですが、永らく営まれているのは人気の証拠だと思います。

【店舗データ】
ツキトカゲ
075-212-3550
12:00~22:00
定休日 水曜日(祝日、祝前日の時は変更)
京都市中京区柳馬場通丸太町下ル4-182
リンク

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする