よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

鉄板 灼奏 [祇園]

祇園で鉄板焼、お値段オソロシくないお店で寛げます

*訪問から時間の経っているレビューです。
【初訪問:2012年7月】
普段なら恐らく気づくこともなく、もし知ったとしても「祇園にある隠れ家的な鉄板焼店」などに伺うというのは、相当な勇気だと思います。しかしこちら、マイレビュアー様であるさいぼうぐさん、ルルーシュ・ヴィ・ブリタニアさんのレビューで知って以来、お値打ちな値段で鉄板焼がいただけるということで機会を狙っていました。さらにこちらのお店、ホットペッパーにコースメニューのクーポンを出しておられて、内容とお値段については具体的な情報が事前に判ります。なお私が確認していた限りですが、クーポンは当月末までの有効期限が設定されていますが、毎月その期限が延長されているようです。なので、訪問が具体的になったら確認すると良いと思います。私は予約の電話連絡時にクーポン利用希望と伝えましたら、お店では特に何も提示せずに利用できました。

祇園花月の裏あたりにあるビルの一階です。ビルに入っているお店の看板が並んでいるところに、こちらの店名を見つけました。奥に進むと、引き戸が開いたまま、しかし長い暖簾で店内が見えないお店がありました。染め抜かれた店名を確認し、予約名を告げて席に案内していただきました。カウンター席が数席と、座敷が一卓ぐらいの小さいお店です。目の前に鉄板のあるカウンター席に座り、担当のシェフである若い男性イケメン君の挨拶がありました。予約時にお願いしたコースで良いでしょうか、と確認いただき、目の前で調理されるお料理を、五感で楽しみました。

○コース 灼(しゃく) (4800円、クーポンで4300円)
*前菜
「フルーツトマトのコンポート」と「フォアグラ入りコロッケ」。トマトは冷製でとても甘いもの。コロッケは対してアツアツで、変化が食欲を掻き立てます
*玉葱の冷製ポタージュスープ
*金目鯛のソテ
金目鯛の切り身を鉄板で焼かれるのですが、醤油の入ったバターで味付けでした。付け合せの野菜は夏らしい茄子、ししとうも同じく鉄板焼です。強めの塩分を感じますが、レモンをたっぷり搾りかけて酸味で緩めると良い感じでした。
*焼野菜
季節の野菜を中心に出されます。夏でしたので、パプリカ、ズッキーニ、加えて椎茸、エリンギ、玉葱とたっぷりといただけました。
*メイン
肉二種とシーフードから選べるということですが、予定通りサーロイン100グラム、ミディアムレアでお願いしました。鉄板でバターで焼かれますので、肉の量よりもボリュームを感じます。ほとんどをポン酢でいただきました。モヤシのソテと薬味にガーリックチップ添えです。
*サラダ
トマト、レタス、胡瓜、水菜、ワカメでした。ドレッシングは少し甘めですが、良かったです。
*食事
ガーリックライスに変更(+500円)しました。具には肉、タコ、卵、パプリカ、葱で、ガーリック以外にはバター醤油の味付けです。やはりボリューミーですが、ジュンサイの赤出しと漬物で口中をリフレッシュしながらサクッと食べてしまいました。
*アイスクリーム、コーヒー
私は流石にアイスは重く感じましたが、ちゃんと美味しいものなので、別腹の方は問題ないと思います。

焼料理は、好みに応じて四種類の薬味(山葵、柚こしょう、葱、大根おろし)、三種類のタレ(ポン酢、塩、土佐醤油)を使ってください、とのことでした。自分で好みの味に調整できるのは、安心感あります。グラスワイン(800円)を少しいただいて、お腹いっぱいになりました。

調理をされている間も、イケメン君からこちらのお店等について興味深いお話などをお聞きしました。場所柄、界隈の飲食店にお勤めの別嬪様方が、出勤前後にお馴染み様と一緒に食事利用されることが多い様です。なるほど、「ではそれ以外で、単なる食事でコチラに伺いたい時には、空いている時間帯や曜日は、大体決まっていますよね。」とお聞きすると、正にその通りでした。ということで、上手く利用すれば、デートでもファミリーでも、祇園で無理のないお値段で静かに鉄板焼がいただくことが出来ます。お肉自体に関しては、正直平均的に感じましたが、こちらの最大のポイントは祇園でライブ感ある鉄板焼を体験できる、ということに尽きると思います。

【店舗データ】
鉄板 灼奏(てっぱんやきいろ)
075-541-4589
17:30~27:00
定休日 不定休
京都市東山区祇園町北側325 ヴァンドーム祇園 1F

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする