よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

卯sagiの一歩 [岡崎]

おばんざいの食事とカフェ使いができる観光地近くの穴場店

*訪問から時間の経っているレビューです。
【初訪問:2012年8月】
こちらのお店の事を知ったきっかけが何であったかは忘れましたが、時期は確かオープン間もない頃だったと思います。何故か気になっておりましたが、後日こちらのホームページが充実しているのを拝見し、更に惹かれて行きました。タイミングを測っていましたが、盛夏の頃のお昼、夏休みのまっただ中の時期に伺うことが出来ました。

こちらは京都でも有数の観光地である平安神宮界隈にあります。シーズンには大変混雑する神宮道を三条通から上がり、鳥居近くの疎水まで行かずに途中で右に折れます。対照的で静かな住宅街にすぐ入りますが、こちらはその中の一軒で、食事がいただけるカフェとして営まれています。旧いながらも良く手入れされているお庭のある素敵な民家で、周りの雰囲気に良くに溶け込んでいます。女性店主様のブログによるとこちらはご実家のようで、設えや洒落た置物などが自然に感じるのは、場所を良く知っているからなのでしょう。所謂京町家と一番違うのは、お部屋の明るさだと思います。庭を望むように横長の座卓がおいてあり、同行者と並んで座りました。背中が部屋の中側ですが、そちらにも座卓が幾つか。昔はおくどがあったと思われる場所に、キッチンと少しのカウンター席があります。丁寧で優しい応対をされる女性に、数種類あるお昼の食事から選んで本を読んだりしながら待ちます。

○おばんざいセット (1300円)
*おばんざい5種
細長いお皿に少しずつ一列に並んでいる様子が上品。「大根餅」はこんがりとした焼目の風味とモチモチの食感が良いです。「糸こんにゃくのちりめん山椒煮」、季節の一品で「万願寺の煮浸し」、「ひじき煮」、「うの花サラダ」は、マヨネーズでポテサラ風の仕上がりで面白いです。どれもしっかりと美味しいです。
*主菜
四種類ぐらいからの選択。「茄子のはさみ揚げ」は、おかかとおろしたっぷりの天だしでいただきます。結構なボリュームで充実感あります。「豆腐ハンバーグ」は小ぶりなものが2個がキャベツの千切り添えでした。優しい味でまずまず美味しくいただきました。
*ごはん、みそ汁(合わせ味噌、お揚げ、ねぎ)、漬物(胡瓜ぬか漬け)
*菓子
冷製の葛餅で、きなこ、黒蜜につぶあん乗せという甘党を満足させるものでした。私は一緒に出していただいた、冷たいお番茶のほろ苦さが活きましたので良かったです。

ここの雰囲気とサービスの内容から考えると、シーズンのランチ時にお客が殺到するのは全く似合わないし、魅力が半減すると思います。落ちついて時間を過ごす事が出来る方が、のんびりと食事やお茶を楽しんでこその空間だと思います。こちらの店主様は、かなり長い期間、有名な料理屋さんでお勤めされていた様です。その研鑽を積まれた上でオープンされたこちら、手の届くお値段で上質の食事がいただける良いお店だと思います。観光のお客さんが殺到されない程度に人気化してほしい、という矛盾した気持ちを込めて、キリ番のレビューでご紹介いたしました。

【店舗データ】
卯sagiの一歩(うさぎのいっぽ)
075-201-6497
12:00~20:00
定休日 水曜日
京都市左京区岡崎円勝寺町91-23
リンク

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする