よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

リンデンバーム [熊野神社前]

欧風のソーセージやデリ、充実のランチボックスが人気の良店

【2012年11月、12月】
年に一、二度、美味しいソーセージ類、またはお昼のランチボックスをいただいております。デリとしての人気も定着して、ソーセージ以外の品物も増えています。

○ウィンナーバラエティー (380円/100グラム)
4種類のウィンナーをミックスした人気商品とのことです。ウィンナー、ヴァイスヴェルト、シュラードミンガー、チョリソーで、お奨めの調理法メモが渡されます。
○キッシュ ランチボックス (700円)
箱を開けると、その内容の充実度に驚きます。
*キッシュ:恐らく30センチ位のものを六つ切りしてあります。内容は日替りで、二種類を用意されていることもしばしば。ベーコン、ほうれん草や白インゲンのトマト味をいただきましたが、どちらも美味しいです。
*サンド:ハムにパンも自家製です。
*前菜:二種類あります。カボチャの甘いサラダ、レンズ豆のサラダ、根菜のビネガ味など。
*生野菜:レタス、ブロッコリ、ミニトマト。ドレッシングも別添えで。

久しぶりにいただきながら、こちらのホームページをみるとその充実ぶりに驚きました。ほぼ全ての品物の情報が出ています。じっくり予習して伺うと、より楽しいと思います。

*以前のレビュー
【初訪問:2010年9月】
元々は寺町今出川を下がったところにあった美味しいレストランでしたが、閉店して残念に思っておりました。ちょっと職人肌な感じがしたオーナーシェフのサービスは、正直ちょっとぎこちない感じもしておりました。なので昨年から現在の場所である熊野神社辺りでハムとソーセージのお店を始められたのは、英断だと支持したいと思っております。

丸太町通りに面した新しい店舗はお洒落で、少し前に付いたモスグリーンのテントも良い感じです。入って正面にある大きなショーケースに品物が並び、完全に対面販売となっています。本当に多くの種類が用意されていますが、それぞれの名前と特徴、100グラム当たりの値段がちゃんと書かれていますのでじっくり検討しましょう。折角なのでソーセージでもシャウエッセンなどの定番だけでなく、お薦めの食べ方、例えば焼き用か煮込み用か、または味に辛みがあるとかなど、興味が沸いたものを試すのが楽しいと思います。量り売りで、それぞれ1パックがほぼ100グラム見当で多少の誤差があります。そのため、表示値段から1割以内で上下したお会計になると思います。あと未開封かつ冷蔵保存で、購入日から2週間程度の賞味期限が設定されております。

○ツゴイナーソーセージ (380円/100グラム)
パック(約100グラム)に二本入っています。焼き方が書かれた説明が、袋の中に入っていました。少なめの油でじっくり焼くとのことですが、肉から出てくる旨そうな油でエリンギも焼いて楽しみました。辛みが特徴、という説明がありました。確かに少しスパイシーですが、胡椒よりも唐辛子の辛さがたっています。サフランやシナモンの様な独特の甘い香りがしました。
○フライシュケーゼ (380円/100グラム)
パック(やく100グラム)にテリーヌの様な形のスライスが一個入っています。これは極々温める程度に焼いていただきました。辛さが爽やかな感じで、リーフのグリーンサラダと一緒にいただきました。ソースなど無くても十分な味で、ワインも全く問題なくゴクゴクいけます。

ちょっと贅沢なハム、ソーセージですが、一つ買うと家で本格的な料理が簡単に用意出来るのが嬉しい。品揃えも豊富、パンチェッタやアイスバイン、時折チーズ、焼き菓子なども用意されます。時々訪れて、未知の味を知る機会にしたいお店です。

【店舗データ】
リンデンバーム
075-751-0786
11:00~19:00
定休日 無休
京都市左京区丸太町通り川端東入ル東丸太町41-6
リンク

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする