よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

山崎麺二郎 [円町]

静かに、強く、味覚と視覚を刺激する「らーめん

*訪問から時間の経っているレビューです。
【初訪問:2012年7月】
こちらの良い評判は、ユニークな店名と共に印象に残っておりました。ただ私にとって普段に通る場所でないので、訪問まで随分と時間がかかりました。円町の交差点を上がってすぐという、便利な場所にあります。人気店と聞いておりましたが、外からは混雑している様子は見えなかったので入店しました。L字型のカウンター席だけ、全部で10席ほどあります。期待どおり一席空いておりましたので、そちらに座ります。スタッフはまだ若い大将と男性のサポート一人の二人体制でした。

メニューはカウンターにあって、基本は3種類です。醤油ベースというらーめん、塩らーめん、つけ麺という至ってシンプルな構成です。トッピングの煮玉子とサイドメニューとしてチャーシューを使った小丼があるぐらいで、この直球度合いからどれも本気に感じられて逆に悩ましく感じました。淡々ながらも丁寧に仕事をされる大将の様子で、さらに期待が高まります。結局、メニューの最初に書いてあるものから選んでオーダーをいたしました。

らーめん (650円)
受け取った時には、まるで和の温そばの様に感じました。綺麗に澄んだスープと美しく盛りつけられた具を見て、丁寧な仕事ぶりがきっちり丼に反映していると感心しました。
醤油ベースのスープ、最初は美味しいが物足りない感じがしたものの、舌がまったく疲れずに最後まで美味しいが続きました。魚だしと鶏ガラということですが、魚の風味は決して強く主張しない程度に、しかし確実に感じます。細麺を啜っていると、一瞬旨い温そばを食べているような感覚にもなります。厚めで二枚入っているチャーシュー、固めながら味が濃いメンマも、大将の工夫でしょう。多めに入っている白髪ねぎも、正に薬味としてよく合います。私のラーメンと聞いて想像する範囲外でしたが、味はドンピシャリで楽しみました。

この少ない数のメニューで、しっかりと営まれているのは本当に素晴らしいと思います。特に素晴らしいと思ったのは、客層の広さでしょうか。若い男性客だけでなく、若い女性のおひとりさま、ご年配の夫婦連れも来られています。失礼を承知で言うならば、大将やお店の雰囲気は、賑やかだったり派手だったりは全くありません。落ちついたお店でいただく優しい味の「らーめん」に興味がある方には、お奨めします。

【店舗データ】
山崎麺二郎 (やまざきめんじろう)
075-463-1662
11:30~14:00、18:00~22:00
定休日 月曜日
京都市中京区西ノ京北円町1-8

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする