よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

カフェ デル オルソ [東一条通]

気軽に本格的パスタのランチを「茶房熊」で

*訪問から時間の経っているレビューです。
【2012年7月】
開店後の比較的早い時期に伺って満足した覚えがあるのですが、それ以来なぜかご無沙汰しておりました。近所のとくらへ伺った時、変わらず営業されているのを確認しておりまして、後日に訪問しました。店頭にメニューがでている様子も変わらず、良さそうなものなのでそのまま扉を開けました。

恐らく以前と同じ、外国人の男性が迎えていただきました。大柄ですが優しい表情の方です。もう一人キッチンに居られたのは、以前の少し大人な美人とは違う小柄で可愛い感じの別嬪さんです。キッチンが眺められるカウンターに座りまして、オーダーをいたしました。ランチ時でお客さんもまずまず 来られていて、ご近所での人気も伺えます。

○生パスタセットA (1100円)
*前菜(三種類)
「フリッタータ」は、ほぼオムレツという感じ。玉葱の甘みが良いです。「ひよこ豆のペースト」は、確か以前にいただいたものと同じ。スパイスとハーブの香りが良く、ブルスケッタでいただくのも好ましいです。「サラダ」は、レタス、ひよこまめ、オリーブ。
*パスタ 「青しそのジェノベーゼ タリアッテッレ」
青じそをパセリ・バジルの代わりに使った、和風のサルサベルデ。独特の風味がしっかり、負けずにオイルも多めで重たく仕上げられます。流石に生パスタだけありまして、モチモチとした食感を十分に楽しめました。

生パスタの提供を始めたのと、それに前菜を付けてこのお値段はかなりのお値打ちです。もしパスタにミニサラダだけなら900円、前菜を別のバージョンにしたセットBは1200円。何れの場合も、コストパフォーマンスに優れていると思います。割引でオーダーできるドリンクも割引でオーダーできるシステムになっているようで、お昼休みを過ごすのもアリかと思います。本格的なパスタをいただけるカフェ・熊さん、特に女性の来客が多いことからも、しっかりと定着した人気を感じます。

*以前のレビュー*
【初訪問:2009年1月】
最近開店されたイタリアンカフェで、以前は手頃な値段で洋定食がいただけるお店(花びし)があった場所です。週末のお昼に気が向いて伺いました。店頭に出ているボードを見ても、それほど無茶な値段設定はしてなさそうで安心です。

入ってまず見聞きしたのは、入り口近くに居た西洋人男性と、「いらっしゃいませ」と発せられた聞きやすい日本語でした。おっ、と思って店を見ると、もう一人は東洋人(おそらく日本人)女性が居られます。お二人で切り盛りされているこのお店、カウンター席が8席ぐらいと、奥にテーブルが少しあるようです。オープンキッチンで壁の一部は紺色と白のタイル、椅子のカバーのデザイン等々、前のお店も清潔感がありましたが、加えてお洒落になっています。日替りランチの内容が店頭のボードにも書いてありましたので、それをオーダーしました。

○日替わりのランチ (1000円)、コーヒー付き (+200円)
*前菜:一つの白いオバールの皿に美しく盛られてきます。
フリッタータ(イタリア風オムレツ):円形に焼いたものを8分の一ぐらいに切った1ピース。塩気は抑えめですが、卵の焼けた香ばしい味があって良いです。
ひよこ豆ペーストのブルスケッタ(パン):ガルバンゾの形は完全に見えなくなっているペーストが、スライスされたパンの上に盛ってあり、その上にオリーブが少し。ニンニクの味が抑えめながら効いており美味でした。思わずワインが欲しくなりましたが、午後から仕事なので我慢。今回の一押しです。
グリーンサラダ:レタス中心。ドレッシングの味も良好。
*パスタ:エビクリームのスパゲティ。エビとタマネギ、パルメザンチーズの入ったクリームソースがけです。香料よりも塩気が勝っており、エビの風味は辛うじてあるかな、という程度。麺は申し分ないですが、まあ普通に美味しくいただけるかな、という感じです。
*コーヒー:入れたてで美味しい。安いけど手抜き無しは有り難いです。

こちらはインテリアだけでなく、メニューやショップカードなどのデザインが美しいです。メニューの「カッフェ熊」(オルソ=熊)の赤い印も洒落っ気あります。通し営業で、デザートや手頃な値段のワインも用意されているので利用価値はあるでしょう。気軽な食事やお茶に良いと思います。
【店舗データ】
カフェ デル オルソ
075-761-7600
11:30-21:00 ただしランチは14:30まで、ディナーは18:00から。月〜水のディナーは前日まで要予約、木〜土は通常営業
定休日 日曜日、祝日
京都府京都市左京区吉田中阿達町36-13
リンク

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする