よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

ステーキランド 神戸館 [三宮]

大箱だけど手頃に鉄板焼ランチを楽しめる良店

*訪問から時間の経っているレビューです。
【初訪問:2012年5月】
界隈に仕事で来た時、同僚とお昼を食べようかということになりました。私よりもこの辺りに詳しいし、また食の嗜好が「何でも喰い」の私よりも狭いため、完全にお任せしました。折角の神戸だから「肉!」となり、「神戸牛ステーキ専門店」であるこちらの選択になった様です。三宮の路地にある古いビルですが、エレベータで上がったところにあるこちらは予想以上に大きなお店でした。近所の系列店を含むとかなりの席数があり、満席で断られることはほとんど無いとのこと。期待通り、かなりのお客さんで賑やかながら、すんなりと座席に案内していただけました。

メニューを拝見すると、お昼のセットとして提供されているものがあります。肉が三種類、サイズが二種類ありまして、一番お手頃なのは100グラムのもので980円。折角だからと一番良いものを選択いたしました。目の前に鉄板があり、そこでシェフが調理をするスタイルです。食材を受け取ったシェフの、「始めさせていただきます」という声でスタートです。そのパフォーマンスはしっかり味わえますが、このお値段ですからホテルの鉄板焼の様な居心地は望んではいけません。

○神戸牛ステーキランチ (2980円)
神戸牛が150グラム、という表示があります。目の前の鉄板で、バターで肉をグリルされます。一緒に仕上げる焼野菜はモヤシとチンゲンサイ。恐らく塩と胡椒と思われますが、シンプルな味付けでお皿に盛って出てきました。つけだれは二種類で、ポン酢とガーリックソースの両方をいただけますので、どちらも楽しめます。私は肉の脂分を良い感じで中和したポン酢の方が好みでした。 他にライス、味噌汁、サラダ、漬物。食後にコーヒーが付いていますが、これらは普通に美味しくいただきました。

肉が美味しいのは勿論ですが、目の前で自分の料理が仕上がっていく風景の良さが鉄板焼の一番の醍醐味だと思います。もう少し手頃なお値段のセットでもこの雰囲気は楽しめますし、寧ろガーリックソースを楽しみたい場合は脂が少なくて良いかもしれません。手頃なお値段でいただくステーキ、をウリにされていますので気軽に伺えるお店だと思います。

以下、余談として。
ブランドというのは、それほど拘らない者にとっては無意味なものではなく、むしろ妙に安心を与えるものです。「とにかく○○だから、ソコソコ良いものなのだろう」と、無邪気にも信じてしまうのです。そんな私であっても、「神戸ビーフ」に関しては以前に少し混乱する出来事があったことは見知っておりました。今回少し調べてみますと、「兵庫県で、和牛の一種である但馬牛から得た肉で、ある品質の基準を満たしたもの」を、「神戸ビーフ」または「神戸肉」と称することが出来るそうです。実は上の「」内に記載した二つの言葉のみが、ブランドの正式な名前であるようです。件の混乱する出来事とは、この基準以下の牛肉を「神戸牛」と似た名前で流通させる業者が居たことで起こった様です。私の様に無知で知る努力を怠ってブランド名に頼り、結局そのブランドに不満足だったとしても、それは自己責任だと思うのです。しかしながら、意図的に感じる、誤解を招き兼ねない似た言葉を使うのは非常に違和感を感じます。流石に現在では、正式名称でない「神戸牛」も、「神戸ビーフ」の基準を満たす場合にしか使わないという申し入れがされている様です。件の出来事で「神戸肉」のブランド価値はあまり影響を受けなかったことは、幸いなことだと思います。

【店舗データ】
ステーキランド神戸館(すてーきらんどこうべかん)
078-332-2900
11:00~22:00
無休
神戸市中央区北長狭通1-9-17 三宮興業ビル6F
ぐるなび

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする