よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

聖護院カフェ [聖護院]

スタイリッシュな新店で定食的ランチをいただく

*訪問から時間の経っているレビューです。
【初訪問:2012年6月】
以前にこの場所にあった喫茶店は、独特のカレーが美味しく、また店内で猫が寛いでいるのが楽しくて数度伺ったことがありました。随分と旧くからのお店だったようですが、通りがかった時に閉店したのを見知りました。それから少し時間があったようですが、リフレッシュされてこちらが開店しておりました。場所に因んで「聖護院カフェ」、京野菜や土産用菓子で知られた地名ですので、悪くないと思います。平日のお昼ごはんとして、伺いました。

店内の配置は、以前のお店とほぼ同じだと思います。右手奥にキッチンとカウンター席で、正面と右手前にテーブル席が幾つか。ただし木目調のテーブルや黒い椅子で随分とスタイリッシュになり、喫茶店からカフェへ変身したのがわかります。スタッフも然りで、親切そうな御夫婦からお洒落で若い、恐らくこちらも御夫婦と拝察する方になりました。お二人のセンスが反映されたお店の様子ですが、従来の定食的なお昼を提供されているのは有り難いです。日替りか定番かは不明ですが、3種のセットメニューがありました。新聞や雑誌が用意されていますので、お料理ができるまで待ちます。

○鶏てりやきセット (980円)
メインの鳥照焼は、かなり柔らかい仕上がりでした。甘辛の味付けも優しめ。付け合わせにキャベツ、ミニトマト、ブロッコリと、しっかりと野菜も用意されていました。副菜のヒジキ煮は、ちょっと味が濃いめに感じましたが、ちゃんと美味しくいただきました。ごはんの盛りは普通、みそ汁も若干濃い味に感じました。漬物も付いています。
食後にコーヒーを出していただきましたが、これは流石に美味しいです。苦みと酸味がバランス良いタイプで、食後にはバッチリのお味でした。

丁寧に作られた家庭料理的な内容ですが、外食でも実はこういうものが一番有り難いと思います。この味付けならもっとごはんをいただけますが、それは個人的な好みの範囲でしょう。食後のコーヒーも良かったので、本業であるカフェ使いもアリだと思います。終始丁寧な応対で、以前の店舗と同じく採光が良い明るい店内でいただく食事は気分が良いものでした。猫は居ませんが、近くのビィヤントと共に、この界隈で使い勝手の良いランチスポットとなりそうです。

【店舗データ】
聖護院カフェ (しょうごいんかふぇ)
075-744-1113
平日9:00~21:00、土曜日・祝日9:00~18:00
定休日 日曜日
京都市左京区聖護院西町18

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする