よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

ブラン・ピエール [御幸町夷川]

丁寧に作られたランチをいただける明るいお店

*訪問から時間の経っているレビューです。
【初訪問:2012年6月】
魅力的な食べ物屋さんが多いエリアですが、その中でも開店以来の良い評判は聞いておりました。マイレビュアー様も良い印象を持たれたとのレビューをアップされています。ある日に界隈でお昼の場所を思案している時、飛び込みで伺ったら幸いにも空席があり、案内していただきました。大きなホール一つで区切りは無く、入口から右手の壁側にテーブル席が並び、左手にはオープンキッチンのカウンター席です。合わせて30席ぐらいはあったと思いますが、賑わっておりました。

その時に居られたスタッフは、シェフの他にサポート二人、ホールを主に担当する別嬪さんのマダムの4人です。しかし調理はほとんどシェフが行なっており、サポートの一人はパンやスープの準備、もう一人は調理とは関係のないことをされていました。そのためお料理が出てくるのは少し時間がかかりましたが、まずは了解できる程度でした。調理の様子はカウンター席から拝見していましたが、時間は必要な手間をかけておられる為であって、シェフの手が遅いわけで無く、寧ろ早いのが良く判りました。

○ランチ Menu B (1700円)
メインが選択できるもので、肉二種類と魚が一種類があったと思います。前菜はメインに対応して違うものを用意されています。
(選択1)
*前菜:玉葱のキッシュ。ベーコンとキノコのソテー、半熟卵添え。
キッシュは玉葱の甘さが良い感じでした。
*メイン:フォアグラ入りハンバーグ
こちらのお昼定番で、シェフもお得意にしているメニューの様です。肉は濃いめ、ソースはサッパリと甘い味で良いバランスでした。ハンバーグの下にマッシュポテト、上には茄子、三度豆、青菜のソテ添えでした。
(選択2)
*前菜:ハムとポーチドエッグのサラダ
ハムも大きめのスライスが二枚で、かなりのボリュームです。こちらのシェフは、半熟卵をソース風にいただく料理を上手く出されます。
*メイン:雛鳥のソテー
皮目をカリカリに仕上げられた香ばしいもので、酸味を少し感じるソースでいただきます。ポテトグラタンもありボリュームアップ。オクラ、茄子のソテーが添えてありました。
(共通)
スープ:冷製さつまいものポタージュ バニラ風味
甘いビシソワーズという味です。バニラの風味はオイルのスパイクで付けられていました。
パン:バケット。追加も笑顔で奨めていただきました。
コーヒー
(追加)
デザート (+300円)
オレンジのジュレ アイスクリーム

お料理の方はオーソドックスで、驚きは少ないけど安心して美味しくいただけるものでした。何よりもこのお値段で用意されるランチとしては、かなりのコストパフォーマンスだと思います。良店の多い界隈でこの人気も納得出来ます。特に女性で界隈に勤めておられる方、それにマダムのランチスポットとして定着されているようです。今回いただいたコースの食事では、夜にお酒と一緒の食事として、イメージを持つまでに至りませんでした。その点は次回のお楽しみとして、初訪問は抑えめの評価にいたします。

【店舗データ】
ブラン・ピエール
075-231-8550
11:30~14:30、17:30~21:30
定休日 火曜日
京都市中京区御幸町夷川上る松本町577
リンク

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする