よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

茄菲 ふうじぇ [鹿ヶ谷]

冷麺の美味しい知る人ぞ知る観光地の喫茶店

*訪問から時間の経っているレビューです。
【初訪問:2012年6月】
哲学の道の南端、若王子神社から鹿ヶ谷に降りて来た角にある喫茶店です。近くに永観堂南禅寺があり、春秋のシーズンには多くの観光の方で賑わう辺りです。そんな場所にある普通の喫茶店に見えますが、実はかなり昔から営まれていることを聞きました。以前は同じ場所で中華のお店をされていたこと、その経緯で夏の冷麺(冷やし中華)と冬のちゃんぽんが美味しいこと、などです。ちょっと蒸し暑くなってきた梅雨入り前のお昼に、冷麺も宜しかろうと思って伺いました。

お店は食事と喫茶が半々、という感じのお店です。テーブルが3卓ぐらいとカウンター席が4席程。色々なアイテムが随所に飾ってあって、賑やかな店内です。カウンター内で調理はマスターお一人で、それ以外の全ては元気なマダムが担当されています。お店は観光の方で結構埋まっておりまして、食事メニューの提供は少し遅れ気味の様子ですが、初志貫徹でしょう。

○冷麺 サラダ風 (900円) コーヒー付き (+200円)
まずメニュー名に違わず、タップリのサラダのトッピングです。レタスに大量のトマト、半熟卵にかいわれ、きくらげ、ハムまで。マヨネーズがかかっていて、それが冷麺の薬味にもなっています。細麺に絡むかけつゆは、レモン風味が効いていました。優しい酸味で、ボリュームの割には最後まで美味しくいただきました。

流石に元々中華料理をされていただけあり、ちゃんと美味しい食事ができました。待つ間から食事中まで、マダムは応対その他にキビキビとお忙しいです。ご商売で活躍されている、京都の女性にお見かけする感じです。ちょっと落ち着かない時もありましたので、より混雑が予想される観光シーズンは避けた方が良いかも知れません。そんなお店に興味が沸いて調べてみますと、祇園の佳つ乃さんが、ご自身の本の中で数々の有名店と一緒にこちらのお店が紹介されていました。意外と言えば失礼ですが、知る人ぞ知るお店の様です。さて、冬のちゃんぽんは、どんなお味でしょうか。

【店舗データ】
茄菲 ふうじぇ (かふぇふうじえ)
075-771-1791
7:00~19:00
定休日 木曜日
京都市左京区南禅寺北ノ坊町42

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする