よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

Tatezan Kyoto [三条通富小路]

アプローチから京都な町家で日伊的食の競宴

*訪問から時間の経っているレビューです。
【初訪問:2012年2月】
近くで食事をいただいて十分に堪能したものの、高揚した気分の勢いで2軒目に。ちょっと思案して、イタリアンと和食が気軽にいただけるというこちらに伺いました。お腹はいっぱい、という同行者を案内したのは少し無茶でしたが、皆様のレビューから期待した通りでありまして、結果として良かったと思います。

町家だけでなく古い洋建築が並ぶ三条通、そこからスッと北に伸びるある路地に入ります。石畳が渋い間接照明で照らされ、まず何人も気分は京都人になるようにエアシャワーを浴びます。すぐにある左手の町家がこちら、お目当てのお店です。ほぼ満席でしたが、連絡をしていたので、カウンター席をキープしていただいておりました。広いオープンキッチンでは3人位のスタッフがフル稼働で、全てのお客さんの料理に対応されています。一階にはこのキッチンに向かって10席程のカウンター席、それに二階にもある様です。奥行きのある建物の一階奥には、ガラス越しに中庭がありました。見ているだけで落ち着いた感じになりまして、賑やかな店内を挟んで、表の路地との連続性を感じる面白さがあります。ちょっと軽く飲んで帰ろう、というつもりでしたが、メニューにはイタリアンに和のおつまみたち。魅力的なものが並んでいましたが、お腹具合を考えて慎重にオーダーしました。

○つきだし いりこと法蓮草のごまあえ
いりこは柔らかく、もしかしておだしのガラかもしれません。さっぱりと、しかもとても美味しい味に仕上がっています。これをいただいたら、こちらのお料理が期待できました。
○生ハムとモッツァレラのサラダ
生ハムとチーズには、少しオリーブオイルが風味のスパイクを与えていました。生ハム、チーズ自体は、それほど発酵などのクセが無いものでまずまずでした。しかし、野菜はとても充実、色々なリーフ類、茹で野菜にエンドウ、いんげん、ブロッコリ、さらに生のラディッシュ、キュウリ、スプラウト、ミニトマト。たっぷりの内容で満足しました。
○魚介のアヒージョ
お馴染み、ニンニクとオリーブオイルの煮込みです。魚介にイカ、タコの他に、穴子が面白いです。しめじ、マッシュルームの旨味もオイルに十分でていて、最後まで楽しみました。奨められてオーダーしたフォカッチャは必須。
○ドリンク
二軒目なので、以上で料理は十分、グラスワインからスプマンテと白を一杯ずついただきました。

お料理がでてくるタイミングは正直ゆっくりでしたが、少人数で二軒目、という時には逆にノンビリできました。お会計は一人3500円ほどで、ポーションから考えるとちょっと高めに感じました。食だけでなくワインを好む方には、良いデートコースになると思います。初訪問ですので評価は抑えめにしますが、よりしっかり料理をいただくための再訪問はアリです。

【店舗データ】
Tatezan Kyoto (たてざんきょうと)
075-221-6728
18:00~26:00
定休日 日曜日、月1回月曜休
京都市中京区三条通小路西入ル中之町12-3

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする