よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

(閉店)花洛 [寺町押小路]

市役所近くのラーメン店にてある有名店のことを思案する

*おことわり
2012年10月に現地を確認したところ、閉店されたようです。

【初訪問:2012年1月】
寺町押小路西入る、以前にこちらにあった山科の担々麺の人気店の支店は二度ほど伺ったものの、残念ながらさっくり撤退。その後に、ほぼ居抜きで入られた様です。こちらはラーメン店の様ですが、似た業態のお店でどんな感じがするのかトライしてみました。祝日のお昼時、細長く奥行きのある店舗で、変わらずずらっとしたカウンターが印象的です。

その日は男性スタッフ二人が頑張って居られました。元気な声で丁寧な応対、お互いの意思疎通も宜しい様です。これは前のお店よりも好感がもてます。メニューを拝見して、お昼のお得なセットを見つけました。ラーメンはこちらのデフォルトの様に見えた「濃厚こってり」を選びました。もう一つは「あっさり塩豚骨」を用意されています。

○唐揚げセット(980円)
「お待たせしました」の声と共に、キッチンからカウンター越しにお盆が差し出されました。しかしそれを受け取った手に違和感、盆の底面に油を含む水分が付いていた様です。最初からヤラレタ感がしましたが、思い直して手を拭き食事に集中します。
*ラーメン 濃厚こってり:量はかなりで、十分なボリュームに感じました。スープを一口いただくと、どこかでいただいた様な気がします。思いだしたのは、あの超粘性スープで京都から全国チェーンになった、あのお店の「こってり」と似た感じがします。ただ、こちらのスープの粘性は、少しとろみががっている、という程度でした。麺は中細のストレートで、こちらも似た感じがいたしました。こういう印象をもつと、ご無沙汰の件の店の味は、本当にこういう感じだったかな、という疑問に味覚が支配されてしまいました。トッピングは薄切りのチャーシューで、スープに溶け込んで混ざる感じは好みです。メンマ、葱はたっぷりでした。
唐揚げ:小さめながら3個。薄味ながら揚げたてでちゃんと美味しい。特製の調味料がカウンターにあります。
白ごはん:小丼入りで量も十分。漬物が沢庵であるのも似ていますが、こちらは刻みで出されます。

店員の活気、食事のボリュームなど、新しいお店として頑張っておられると思いました。しかし、勝手な感想ながら、「○に似ている」という印象を持ってしまったこちら、現段階では、件のお店よりは評価が低くなってしまいます。更に勝手な比較、ということなら、唐揚げはこちらの方が良く出来ていると思います。最後に、お盆の裏など、見えない所も、お客に出すものにあと少しの配慮をいただければ。

【店舗データ】
花洛 (からく)
以前の店舗住所 京都市中京区押小路通寺町西入る亀屋町406 NOVA-F 1F

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする