よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

桂心 [河原町二条]

より身近になった中華レストランで充実ランチ

*訪問から時間の経っているレビューです。
【2012年2月】
こちらの充実したランチのセットメニューを二度いただき、あとは平日限定メニューの担々麺セットをいただくという課題が残っておりました。お昼の麺セットは、火、水曜が「担々麺」、木、金曜が「葱そば」であることを確認し、機会を見て伺う事ができました。お店の雰囲気などは、以前に伺った時と同じです。件のチャイナドレスの別嬪様も、変わらずホールで頑張って居られました。

○担々麺セット(980円)
*担々麺:辛みもちゃんとありますが、練り胡麻のクリーミーな味がポイントです。酸味はごくごく抑えめ。スープがたっぷりあるタイプで、トッピングはキザミの鶏肉、あわびたけ、ザーサイが細かく同じ大きさに刻まれたもの、九条葱。細かく砕いたカシューナッツが薬味の様に乗ってあって、香ばしさを与えているのが良いです。
*若鶏唐揚げ:大きいもの一つですが、たっぷりの麺のサイドメニューには丁度よいです。
*炒飯:白ごはんかどちらかを選択。小椀に一杯ほどの量でしたが、プリプリのエビ、しっかりとした味の焼豚が入っているのは流石です。
*搾菜:ラー油を付けているのが、四川料理店らしいところです。たっぷり付けてくれました。
*杏仁豆腐:これも多めで、舌を癒すのには十分。コーヒーも可能です。

この内容、サービスで1000円以下なら納得です。以前と変わらず、多くの女性グループがお昼に来られているのが印象的でした。お奨めできます。

*以前のレビュー*
【初訪問:2011年8月】
すぐ近くにあったホテルフジタの中華のダイナーだった「桂花林」は、例えばお昼なら割合に手軽なお値段で食事が出来るという評判を聞いておりました。ホテル自体が取り壊しというニュースになっても、色々と遣繰りできずに時が経ちました。そんな記憶が薄れかけた時に、料理人がすぐ近くでお店をオープンしたという情報が。くぴぷちさんも早くからレビューしておられて興味がアップします。特にホテルから離れることで、より手頃なお値段にがいただけるとのこと。是非にと思いながら、暑い夏の日のお昼にやっと機会を得ました。

河原町二条の北東角、地下に至る階段を降りたところにあります。ランチ時にはボードが出ているので、メニューと値段も確認できると思います。ホテルのダイナーを引き継ぐお店らしく、内装もきっちりとした感じです。チャイナドレス姿がキリッとカッコいい別嬪さんに案内され、一人でも気楽で心地よいテーブルに案内されました。伺う時は、四川料理、特に担々麺について評判をきいておりましたが、暑い夏の盛りであったのと、料理が選べる良さそうなセットがあったので、そちらに変更です。オーダーと希望のオプションを伝えて、ポットで出していただいたお茶を啜りながら待っていたら、間もなく件の別嬪さんがちょっと申し訳なさそうな、軽い当惑の表情で来られました。

「選ばれたのは炒飯だったしたでしょうか」「いいえ、お粥をお願いしました」「あっ」という小さい声と、確かにそうでした、ということを、一瞬目を閉じて三つ指を軽く額に当てるジェスチャーで示され、ご自分の失念について「すみません」恥ずかしそうに詫びられました。
うっ。射抜かれてしまった。

○ランチセット 香港(1300円)
*スープ:ひき肉、野菜の入った、あっさりした上湯スープのあんかけ仕上げです。
*サラダ:レタス、赤タマネギ、胡瓜、カイワレ。醤油ベースで少しオイルの入ったドレッシングは香ばしい。
*おすすめ一品:麻婆豆腐がお椀に少しです。味付けはしっかりしているものの、唐辛子や山椒はそれほど強くなく食べやすい仕上げでした。
*主菜(5種類から選択):お皿に少し。エビとイカのチリソースを選びました。甘酸っぱくて少しピリッとした、葱も香り程度で上品です。エビとイカもプリプリで美味しいです。
*点心:エビ入り蒸餃子。半透明になったモチモチの皮が美しくて良い食感でした。中の餡もエビの甘さと食感も良いです。
*飯物(炒飯、お粥、白ごはんから選択):帆立と牛肉のお粥を選びました。これは小丼で供されたので、なかなかのボリュームです。スープとご飯の甘さが良い感じで混ざっていました。付け合わせのザーサイもたっぷり出していただけます。
*デザート:その日は何故か欲しくなかったので、代わりに選択できるコーヒーにしました。杏仁豆腐がお奨めのようです。

品数も多く最後の飯物もきっちり、質量ともに満足いたしました。食後に汗ばみながらポットのお茶を注いでいたら、ホールを取り仕切る大マダムが「冷たいお茶あげようか〜」と笑顔でサービスしてくれました。ホテルのダイナーを引き継ぎながら堅苦しさは皆無、ちょっとしたハプニングも幸いしてホールスタッフに癒されたお昼でした。

【2011年12月】
週末のお昼にこの辺りでお昼を食べようかとなり、こちらを提案して了解を得ました。「ココ、射抜かれたお店でしょ?」と、良くレビューを確認されている様です。地下に降りてお店の扉を開けるまで単調ですが、中に入るときっちりとした調度品と賑わうお客さんで別世界の様です。奥のホールは我々とほぼ同時に入った女性二人で満席となりました。3人の女性スタッフでホールを担当されています。お昼はシンプルなメニュー構成といえども忙しそうです。

オーダーを済ませてお店の様子を眺めていると、見覚えのある方が最初の一品を持って来られました。向こうへ行かれた後、
「かわいらしくて良い感じの人ねぇ。」「今の人が、前に俺を射抜いた人。」「そうなの?」「目の前で小崩壊した。」「まぁ、いやらしいわ。」
何がいやらしいのかはわかりませんが、件の別嬪さんは全く忘れていたようなので、こちらも過去の思い出にしました。

○飲茶点心コース(1500円)
*スープ:トマト入りの酸辣湯。辛さを抑えているので、スタートとしては良い感じ。酸味がトマトなので爽やか。
*サラダ:レタス、タマネギなど。ドレッシングは以前と同じ醤油ベース。
*揚点心:三種。春巻は中が甘くてトロトロ。イカのすり身は甘く上品な薩摩揚げ風。白もち揚げは、モチモチの生地の中に豚の煮物です。八角の香りが良い感じ。
*蒸点心:三種。エビ蒸し餃子二個、透明でムチムチの皮が良いです。エビ焼売二個。面白いのは湯葉巻。ハムと椎茸を巻いた湯葉巻のあんかけです。
*飯物:私は炒飯を選びました。パラパラに仕上がったタイプで美味しいものの、量は少しです。対して海鮮粥は以前と同じ小丼で、ボリュームはかなりです。シーフードの旨味をさっぱりと楽しめます。
*搾菜:これにもピリ辛の調味油があって、四川風になっています。
*デザート:杏仁豆腐。アーモンドの風味がありました。

お値段もお手頃、変わらず美味しくいただけまして満足いたしました。使い勝手の良さから、女子率も高い良店だと思います。いつも悩んで諦める担々麺、是非次回にいただきたいと思います。

【店舗データ】
桂心(けいしん)
075-231-7878
11:30~14:30、17:00~21:30
定休日 月曜日
京都市中京区河原町二条清水町359 ABビル地下1階
リンク

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする