よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

天ぷら魚兼 [北白川]

北白川のエビ3匹のせ激安天丼のランチ

*最近の訪問は2012年12月です
【2012年1月】
半年ぶりぐらいに、天丼をいただきたくなって訪問しました。ご主人は初めて来た時に比べて随分恰幅と迫力が出た気がします。相変わらず響く声で、「いらっしゃい、おおきに」と、料理の途中でも声かけはしっかりとされています。

○海老天丼 (650円)
毎度変わらず、ボリュームもあって美味しい天丼でした。海老も変わらず三尾、加えてサツマイモ、南瓜、ししとう、のり。甘辛のおだしもごはんに良く合いますし、ワカメの赤出しは山椒をちょっと足して良い口直しです。漬物も付いています。

このお値段の天丼で、ちゃんとした海老が三尾というサービス。頑張って続けて居られるのは素晴らしいです。お馴染みと思われるご近所の奥様も、楽しそうに料理を待っておられました。界隈の定番店として、人気は確立しているようです。

* 以前のレビュー*
【初訪問:2009年7月】
以前から機会を伺っておりましたが、なぜかタイミングがなくて今回まで延び延びになっておりました。フェリーさんや皆さんが紹介されている、北白川の「激安お昼の天丼」のお店です。白川通沿いで交通量はまずまずありますが、それでものんびりした感じで、こちらも混雑しておりませんでした。ちょっと古民家風を意識した感じの店内の趣き、オープンキッチンでカウンターに8席ほど、ほかテーブルが数卓あります。反対側にもお座敷があるようですが、そちらは恐らく夜の宴会の為に用意されていると思います。

良く響く大きな「いらっしゃいませ〜」の声が印象的なご主人、まだお若い感じですが、風格はかなりです。それにサポートとホールを担当される女性がお一人。良く気がつかれる方で、お茶のおかわり等をタイミング良く持ってこられました。お昼のメニューは、「天丼」、「あなご天丼」、「天ぷらうどん」があるようです。あなごは日によって無い場合があること、うどんは冷やしぶっかけで、天ぷら別皿盛りのものであることが書かれていました。

○ 天丼 (650円)
カウンターから見える大きな天ぷら鍋で、揚げる様子が良く見えます。メインの海老や野菜が順序良く投入され、出来上がって行くのを楽しく見てしばらくたって、それがごはんに乗り天つゆがけになって出てきました。
まず期待通りエビが3匹。これで650円というなら、それだけで許せるコストパフォーマンスです。茄子、南瓜、えんどう、のりも添えられていて、丼のごはんが天ぷらで覆われてしまいます。カラッとあがった天ぷらは、ごはんと付かず離れず、丁度天丼に良い具合です。つゆはちょっと甘辛でこってりしか感じ。付いているみそ汁は赤出しとありましたが、塩気が程々でうま味があるのとても気に入りました。漬け物は蕪で、ちゃんと葉の部分が美味しいのが個人的に嬉しいです。

お昼がお得感いっぱいなのは明らかですが、夜もそれほど高額になるお店ではない様です。例えばエビ天ぷら800円など。ちょっと揚げ物が食べたくなった時、このお値段なら天ぷらでお酒というのも悪くないと思います。

【2011年1月】
北白川で600円台ランチの私的ベスト3の一つ、こちらの天丼。時々伺ってはいますが、今回は初めて「穴子天丼」にトライしました。

○特製 穴子天丼 (900円)
ちゃんとした穴子が二匹、丼から身の三分の一ははみ出しています。加えて茄子、南瓜、のりも一緒に添えてあり、ボリュームはタップリでした。脂の乗った穴子ですが、ちゃんとホクホクとした感じになって独特の香ばしい味もしっかり感じられました。もちろん美味しいのですが、個人的には穴子の天ぷらは丼でなくお皿の品でいただいた方が好みです。

相変わらずお値打ちなお店、夜のメニューを見ても「牡蠣天ぷら」が600円。世の中の不景気といわれていますが、これからも安価で美味しい天ぷらを用意して欲しい良店です。

【店舗データ】
天ぷら魚兼 (てんぷらうおかね)
075-702-9727
11:30~14:00、18:00~23:30
定休日 月曜日
京都市左京区北白川別当町13
リンク

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする