よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

藤芳 [北白川]

疎水近くの真面目なお店で手打ちのお蕎麦

【初訪問:2011年10月】
疎水沿いを通る時に何度か見かけていたお店ですが、なぜか今までスルーしておりました。新そばの季節となりましたので、この機会にとお昼の利用です。こちらはブログ等でお店の情報を積極的に紹介されているのが判りやすく、特に季節のメニュー紹介がナカナカに誘います。もちろん、新そばの情報を拝読してからの突撃です。

奥行きのある店舗スペースにテーブルが並び、奥には蕎麦打ちと調理のキッチンがある様です。ご主人、女将さんともに明るく親切に迎えていただき、そば茶を啜りながらメニューを拝見しました。標準は二八ですが、十割の「生粉(きこ)打ち」も用意されています。その他、天ぷら、丼ものもあって、食事にお蕎麦だけは辛いという食欲の人も大丈夫です。もちろん、お酒をいただく場合も問題ありません。注文をして、それほど時間もかからずに出していただけました。

○生粉打ち(1100円)
十割そばです。麺は少し幅が広めで平たく、短めです。十割にしては麺の固さも適度にあって、喉越しも良好でした。お蕎麦の風味もちゃんと感じられて、私は好みに合います。ちょっと惜しいのはお蕎麦の盛りが小さめであること。それにおつゆの量が少なめの割に味が薄めでした。コチラがもう少し濃かったり量が多ければ、おだしは美味しかったのでさらっとした蕎麦湯で満足いくまで楽しめたかと思います。薬味は少しのおろし、山葵、刻みネギでした。
○お昼のサービスセット(+150円)
お腹を満たすためにお願いした小おにぎり3個のセットで、意外と言ったら失礼ですが、こちらの丁寧さと誠実さを感じた一品でした。俵型のおにぎりは、のり、白ごま、味噌の3種類。ごはんは温かくて適度なモチッとした感じで美味しいです。恐らく作り置きはしていないのでしょう。小鉢は切り干し大根煮で、こちらは濃いめの味付けです。個人的に大当たりだったのは野沢菜の古漬で、しっかり「塩っぱい」「酸っぱい」のが素晴らしいです。

お蕎麦自体も美味しいと思いましたし、サービスメニューにも丁寧に用意されているのは感心しました。ちょっとお値段は高めに感じましたが、納得できる範囲だと思います。うどん、季節によっては冷や麦も手打ちで出される熱心さです。初訪問なので控えめの評価にしますが、お奨めされている天ぷらにも興味がありますので、是非再訪問したいと思います。

【店舗データ】
藤芳(ふじよし)
075-711-2817
11:30〜20:30
定休日 水曜日(祝日の場合は翌日)
京都市左京区北白川東平井町27-3
リンク

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする