よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

大とら [堀川五条]

おばあちゃんとお店に重なる偉大なヒストリー

【2011年12月】
久しぶりに訪問いたしました。お好み焼・豚(800円)は、サイズも立派でホクホク。ビール少しと一緒に美味しくいただきました。おばあちゃんも、前よりも少しお元気な様子に見えました。これからもお元気で営まれて欲しいと思います。

*以前のレビュー*
【初訪問:2011年10月】
世の中の食べ物屋さんが数多くあって、それぞれのお店には営まれてきた時間があり、またとそれを共有してきた人々が居られるのでしょう。しかしレビューを拝読してきた中で、ここまで強くそういうものを感じたお店はありませんでした。恐らくお馴染み様と築いてきたであろう、お店の持つ雰囲気は大切にしてほしい、と思うが故に、純粋ではあっても好奇心だけで伺うのは躊躇します。

それでも私のちょっとした意思表示を見て、どうぞ是非行って下さい、と背中を押して下さったご厚意を感じて日曜日の夜に伺いました。実はそれよりも一ヶ月以上前の土曜の昼下がり、開店中にも関わらず椅子で眠っておられたおばあちゃんを起こす気合いが無く、引き返したことも一度。それでも是非に、という励ましをいただかなければ、やはり伺うことは出来なかったでしょう。

お店の今の雰囲気、おばあちゃんから聞くご自身の話、亡くなったご主人との思い出、お店の歴史。これらは私をこちらに案内していただいたガスコーニュさんはじめ、他のレビュアー様から十分に情報を出していただいてますので繰り返さなくても良いと思います。お話好きで、語る内容が非常に整理されている、これはお年を全く感じさせません。拝聴するとお店の開店時は経済的に大変な状況だった様ですが、このおばあちゃんのキャラクターがお店を営む上で与えた良い影響は想像に難くありません。実際にコチラのお店、一見の私にもおばあちゃんは優しい笑顔で迎えていただきました。なので私が伺う前の考えていたことは、全くの杞憂であります。

先代が始めたと言われるラーメン(並・600円)、たっぷりでプリプリの叉焼が一番良かった。鶏ガラと拝察するスープも美味しいと思います。麺は正直、私には少し柔かったでしょうか。でも何れにせよ600円という価格はお値打ちだと思います。コルセットをつけてちょっと苦労しつつ支度されるおばあちゃんを見るとちょっと心が痛みますが、それでも美味しいラーメンに謝すると、お口に合って良かったと喜ばれました。その時おばあちゃんと客は私一人。件の四方山話をして、私がインターネットを見て伺ったということに、「タダで宣伝してもろうて、ホンマ有り難いワ。皆さんのお陰、こうやって来ていただく方が居られるので、お店を続ける気になる。」と喜んでおられました。立ち上がって奥に行かれたと思ったら直ぐに戻られ、こちらのテーブルの上に黒飴を二個、置いてくださいました。

このお店は、万人受けするところでは無いかもしれません。ただ、私が初めに書いた様な遠慮をする必要は全く無いことは確かです。おばあちゃんとこのお店のヒストリーに敬意を払う事が出来て、お料理、お話、雰囲気、何か一つでも楽しむ時間が持てそうだ、と思う方には一度伺って欲しいと思います。

【店舗データ】
大とら (だいとら)
075-371-7005
11:30〜15:00、18:00〜27:00
定休日 無休
京都市下京区醒ケ井通五条上る小泉町112-3

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする