よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

白雲 [府立大前]

視覚も味覚もデジャブだった京都中華の系譜に繋がるお店

【初訪問:2011年10月】
北大路沿いにあるこちらも何度か前を通りつつ伺ったことはありませんでした。週末のお昼などはお馴染み様と思われる方で混雑していたりで、機会が得られずです。フェリーさんのレビューによると、こちらも閉店した鳳舞の系列ということですので、京都の伝統的な大衆中華の味を期待できます。ウィークデーの夜に、一人で伺う機会を得て食事をいたしました。お店の外観からも古い感じがいたしますが、決して汚れた感じがしないのは流石です。

中に入ると、ちょっとした既視感にクラっとしました。カウンター5席ほどで、奥に壁を挟んでキッチンがある様です。テーブル4卓に奥に座敷がありますが、正に北大路堀川を上がった鳳飛と左右が入れ替わっただけの対称形です。カウンター後ろの壁に付いている小棚まで同じで、これを見るだけで関連が確信できます。この伝統的なスペースを預かっていたのは、私のレビュー常套句を使うにはまだ若い愛想の良い女の子です。正に看板娘の自覚がちゃんとあり、言葉もハッキリで丁寧。古いお店に花のある状況でになっているのは素晴らしいです。メニューを確認しても、やはり鳳飛、鳳泉と共通のメニューが色々あります。

○からしそば (550円)
京都の伝統大衆中華店のオリジナルなメニューです。麺をカラシで和えて、その上から中華あんかけにした魅力的な一品。あんにはタップリの九条葱と鶏肉が印象的です。少しのピーマン、タケノコが入っています。ネギの甘さが良い感じでしたが、海老など海鮮の旨味があれば完璧。そして楽しみにしていた辛さですが、一口目はしっかりカラシの味がしたものの、後はそれほど強くありませんでした。もしかして手加減してくれたのかもしれませんが、鼻に刺激が走るぐらいのものが好みですのでちょっと残念。コストパフォーマンスは良いです。

○焼売 (500円)
5個入りで少し大きめなサイズは、他の系列店と同じ特徴です。ただし餡にクワイやタケノコ等が入っておらず、シャキシャキした食感が無いのが残念。味は焼売というより豚まんに近い風味があって、これも面白く感じました。

お店に入る前から期待はしておりましたが、概ねその通りで満足はいたしました。若い子が、時折キッチンから顔を出す女将らしき女性に見守られつつ、一所懸命ホールをこなす感じも応援したくなります。他のお客さんがオーダーされていた餃子の焼き色が非常に魅力的でしたので、再訪問ではトライしたいと思います。

【店舗データ】
白雲 (はくうん)
075-721-9358
(営業時間不明)
(定休日不明)
京都市左京区下鴨上川原町63

リンク(食べログ)

広告を非表示にする