よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

旬菜 あだち [荒神口]

手堅くおいしい昼の和定食がいただけるお店

【2011年10月】
以前にお昼の定食をいただいてから随分経ってしまいました。何種類もの定食類をお昼どきに用意されているのを確認して、久しぶりに伺ってみました。今シーズンで初めてになる、カキが表に出ていたので、一番のきっかけです。お店の様子は以前と変わらず、若い男性がキッチン、女将さんかホールを担当されます。お馴染みの方、通りすがりの方どちらも、お客さんがまずまず居られて、賑わっております。

○カキと野菜の天ぷら定食(950円)
カキフライとどちらにするか悩んでこちらに。カキはまだ時期が早いため小ぶりは仕方ありませんが、5〜6個もあって十分。揚げ具合も良く、天つゆも美味しいです。しいたけ、南瓜、ししとう、茄子の天ぷらも悪くありません。小鉢が二品付いており、うす味のシラタキ煮物、おあげと水菜の炊き合わせでした。ごはんは普通のお茶碗に一膳で、豆腐と野菜の具は少ないものの、おだしは美味しいみそ汁、それに茄子と胡瓜のぬか漬けが付いています。

今回の様に、揚げたての天ぷらをいただけると納得度はずっと高く感じました。どのお料理もうす味ながらちゃんと美味しくいただけますので、お昼には良いかと思います。夜にこれらを肴にしてお酒を飲むのも、手軽にいただけて良いと思います。他のレビュアー様の情報を拝読して知りましたが、事前予約でいただける本格的なお料理も興味深いです。

*以前のレビュー*
【初訪問:2008年4月】
河原町通荒神口と丸太町の間ぐらい、通りの東側にある和食のお店です。お昼どきに、店頭の「焼魚、煮魚色々 800円から」という表示に惹かれて伺いました。和風の造りで新しい建物で、入ってすぐに10人ほど座れるカウンター席、それに奥にもテーブル席があります。若い男性がカウンター内で殆どの調理をされていて、お運びやサポートを少しご年配の女将さんが担当されています。男性は黙々と仕事をされており、ほとんどお客と会話をされません。対して女将さんは、親切に声をかけてくださったりします。

○鰈の焼き魚定食(1000円)
鰈は、まずまず脂ののった香ばしい一夜干しでした。小ぶりでちょっとコストパフォーマンスが悪いなと思いましたが、美味しいので納得できるギリギリでした。小鉢で揚げと南瓜のたきあわせ、もやしの酢物がつきましたが、どちらも薄味でまずまずです。これにごはん、みそ汁、香の物でした。

正直、特に際立った印象は無く、かったですが、色々なお客さんが入っておりました。豊富なメニューの中に、もっと人気があって良いものがあるのかもしれません。夜のため(?)の仕込みを並行してされていましたが、質の良い食材を使っているのを拝見すると真面目であることは理解いたしました。しかしコストパフォーマンス、という観点では、残念ながら界隈ではちょっと辛いかもしれません。

【店舗データ】
旬菜 あだち(しゅんさい あだち)
075-256-0011
12:00〜14:00、17:00〜21:30
定休日 火曜日
京都市上京区上生洲町247

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする