よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

パポッキオ [福島]

圧倒的なコストパフォーマンスでイタリアンランチへのお誘い

【初訪問:2011年9月】
ご近所に所用がある週末に、ちょっとお昼をいただきたいと思ってこちらに伺いました。検索している間に、この場所で石窯焼のピッツァを出すらしい、しかも二名なら非常にお得なセットがある等。ちょうど二人だし良いのではないか、ということで決めました。直前のことでしたので予約はせず、飛び込みでしたが、何とか席を確保していただきました。予想していたより座席数も多く、かなり大きなお店ですが、先客様でかなり埋まっていて賑やかでした。

入り口から入ってすぐにカウンター席、ホール中ほどの大テーブル上には氷のバスにドリンクが冷やされてあり、お冷やからグラスワインのオーダーまではコチラからサクッと用意されます。その周りにテーブル席、さらに奥にはピッツァ窯のあるスペース。こちらにも幾つかテーブルがありました。男性スタッフが、6人ぐらいは居たと思いますが、窯を預かるのは赤縁メガネの似合うナポリ生まれのエンツォさんです。もちろん石窯は薪がバンバン燃えておりました。混雑していたこともあるのか、お皿が出るタイミングはちょっとかかりました。

○土日限定・ペアセット(3150円)
二人分として用意されているメニューで、パスタとピッツァは二、三種類から選択が可能です。
*クリーンサラダ:レタスにドレッシング(オイルとビネガー)がけというシンプルなもの。
*前菜盛合せ:意外と言えば失礼ですが、お値段からは想像を超えた充実度でした。その気は無かったのですが、皿を見た時にスプマンテを発注です。内容は、ハム、カプレーゼ、ジャガイモのマリネ・トマトソース、酸味の効いた人参のグラッセ、ローズマリー風味のミートボール、万願寺と鶏ササミのチーズパン粉焼(一押し)、南瓜のグリル、イタリアンオムレツの以上八品。
*パン:ゼッポレ、シナモン入りのフォカッチャ。自家製ということです。
*パスタ:スパゲティー プッタネスカ。かなりの量がどっさっとした感じで出てきます。麺の具合はバッチリ、ソースの塩分はそれほど強くありません。対してオイルはかなり使われていました。黒オリーブが少し入っていましたが、ブッタネスカらしくもっとたっぷりあれば、そしてパルメザンチーズが入っていれば、更に盛り上がったと思います。
*ピッツァ:マルゲリータDOC
超定番のピッツァで、チーズは水牛モッツァレラとパルメジャーノとのことですが、それよりもインパクトはオリーブオイル。ピッツァ表面の一部が、フライになった様な感じになっています。エンツォさんの動きを見ていると。ピッツァの生地の上に容赦なくオリーブオイルをかけています。それにフルーツトマトの自家製ペーストをたっぷりですから、窯の中ではピッツァは水と油の壮絶な戦場となっていたでしょう。大きさも直径で30センチほどありますから、これまでの料理を合わせると大変なボリュームでした。
○ドリンク
グラスでスプマンテ(525円)を2杯、グラスワイン(赤)を1杯(210円、最初の1杯目のサービス価格)いただきました。非常にお安いと思います。

お皿を出すタイミングはちょっと延び延び感ありましたが、やはり一番印象的だったのは、後半のパスタとピッツァのボリュームでした。手頃なグラスワインの値段など、週末の気ままなお昼を過ごすにはとても良いと思います。何よりもしっかり食べる二人揃うことが、十分に楽しむために大切だと思います。

【店舗データ】
パポッキオ
06-6442-7582
11:30〜15:00、18:00〜21:30
定休日 月曜日
大阪市北区大淀南2-1-13
リンク

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする