よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

そば鶴 [一乗寺]

お料理の印象が良かった郊外の人気そば店

【初訪問:2011年9月】
お蕎麦と料理が美味しいという評判を聞いており、伺うタイミングを計っておりました。お昼はお蕎麦を中心にした食事を、夜は料理でお酒を楽しんだ後にお蕎麦、というなかなかに魅力的な感じです。ラーメン店が多い一乗寺界隈、叡電の駅から西へ行く道と東大路の交差点あたりにあります。西に入る細い道すぐのところにありますので、東大路からも見えます。和風で渋めの店先に出ているメニューはなかなか豊富なラインアップに見えますが、全てフォローするのは無理そうなのでお店に入って再検討しました。

静かなので営業中なのかな、という疑問を裏切る様に、中は多くのお客さんで賑わっていました。細長い店舗スペースの右手が客席で、2、4人用の卓が一列で奥まで並びます。左手はキッチンで、配膳用を兼ねたカウンターに3席ほど。このカウンター辺りとホールを若い男性、女性一人ずつが担当。その奥の見えないところで実際に調理されていますが、こちらに何人ほど居られるかはわかりませんでした。出していただいたお茶を啜りながら、手頃で色々と味わえるセットメニューがあるのを見つけました。オーダーして暫し待ちましたが、混雑時だったこともあり少し時間がかかりました。

○そば点心(1050円)
*天ぷら(海老一尾、なす、玉葱、じゃが芋):カラッと揚がって、ちゃんと美味しくいただきました。天つゆ、塩どちらもあります。それぞれ一口サイズなので、量的にはそれほどでした。
*小鉢二品:恐らく日替わりで出されます。この日は「出巻きと鶏山椒焼」、「ほうれんそう胡麻あえ」でした。味付けは少し甘めに感じましたが、私の好みに近くて良いと思いました。
*ごはん:恐らく日替わりで出されます。この日は「しめじのかやくごはん」でした。薄味ですが他の料理と一緒にいただくには丁度良いと思います。ぬか漬けが付いていました。
*ぶっかけそば:小さいお椀に、白くて細めの上品な感じのお蕎麦が入っていました。ところが、柔らかい麺の具合と、添えられた山葵がもう一つで、満足が出来なかったです。関西風のそばつゆも少なめで、麺とのバランスと調整するのがやっとで味わうほどではありません。タマタマなのかもしれませんが、料理から期待が上がっていたので少し残念でした。盛りそば、またはそば点心のお蕎麦を盛りにアップグレードされた方のものを拝見すると、魅力的で美しい感じでした。お蕎麦に関しては、もう一度確認したいと思います。

渋い料理を用意されているお店ですが、若いスタッフが頑張っている元気のあるお店でした。街外れですがお昼どきに混雑することから人気店であることはわかります。お蕎麦で〆ができる居酒屋、という使い方が良いかもしれません。

【店舗データ】
そば鶴(そばつる)
075-721-2488
11:30〜14:30、18:00〜21:00
定休日 月曜日
京都市左京区高野玉岡町74
リンク

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする