よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

白扇 [室町丸太町]

この味と情景が続いて来た時間を味わう洋食店

【初訪問:2011年9月】
洋食のお昼を食べたくなった時、久しぶりにクルートへ伺うも閉店となっていました。もう洋食をいただくつもりになっていたので、二条通を烏丸から東へ入った蕎麦屋の向かいかな、という時に、ある事が思い出されました。一年ほど前にお茶漬なんか良いなぁ、という知り合いを丸太町のお店に夕食へ案内した時、並びにある「洋食」の看板を見て気になる言葉を残しました。
「このお店、来た事ある?なんか穴場っぽい感じやん。今のうち行っとかないと、という店じゃない?」
思い出したのも良いきっかけ、北に向かってこちらに伺いました。

もう入り口から古い、ショーワな雰囲気を匂わせています。中に入っても同じく、古くて小サイズの2人用、4人用のテーブルが5卓、配置されています。入り口から左手にはカウンターテーブルがありますが、見事にマンガと雑誌のディスプレー台と化しています。それらはかなり良く揃えられていますが、モノがモノだけに、まとまり具合には限界がありました。お決まりの様にお昼の番組が流れる店内を預かるのは、注文、料理を運ぶとき全てのタイミングで「おおきに」と謝す丁寧さが印象的な、小柄なおばあちゃんです。先客様も2組ほど、常連様と思しき方は食事は既に終わっている様で、お店の新聞やテレビを見たりして居られました。メニューには洋食店定番のお品が並びますが、一番無難と思われる日替わりをお願いします。

○サービス定食(700円)
フライ物中心の盛りあわせで、メニューボードにあったその種類の豊富さが印象的でした。エビフライ、魚フライ、ハンバーグ、茄子フライ、コロッケ、唐揚。なんとも豪華だなと期待しましたが、出て来たオバール型のお皿を見て「ナルホドねぇ」と納得、ちょっと苦笑い。どれも半口ぐらいの大きさです。衣は上品なので、サックリと美味しく出来上がっているのは流石。エビは細くて、玉葱を混ぜたマヨネーズ添えです。やはり小さいハンバーグもちょっと粉含量が多めでしょうか。カレー味のコロッケ、鮭のフライが良かったです。マッシュポテト、千切りキャベツが付け合わせでした。お皿には擦れた赤い文字で店名が入っております。
薄いみそ汁の具は千切りキャベツがちょっとだけ。これはもう少し充実すれば嬉しいです。唯一満足できる量があったのは、ごはんです。流石に、これは昔風の洋食屋さんとしては、きっちりとしています。

地元の方がノンビリと食事をされるお店という感じでした。正直、私はポーションの納得度が今ひとつでしたが、お値段を考えると仕方がないかと思います。確か烏丸の角に洋食のお店があったと思うのですが、いつの間にか見えなくなっていました。是非このまま続けて欲しいと思います。

【店舗データ】
白扇(はくせん)
075-231-6617
12:00〜20:30
定休日 日曜日
京都市中京区丸太町通室町東入道場町3

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする