よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

京旭屋 三十三間堂店 [大和大路七条]

鯖寿司の有名店が観光地で営むサテライト店

【初訪問:2011年8月】
近所の博物館に行った時に、お昼をこちらでいただきました。朽木にある鯖寿司と十割蕎麦で知られた朽木旭屋が、京都市内で営んでいるお食事どころです。通販もされており、高価な鯖寿司の中には、諭吉さん一人には無理、というのもあります。それは兎も角、伺ったのは暑い夏の日、しかも週末でしたので、冷たいお蕎麦でお昼を済ませようという人で混雑していました。座席が埋まっているのを見て諦めかけたころ、お店の方が「お二階へどうぞ」と言っていただきました。こちらに先客様はお二人だけでしたが、結局どんどんお客さんが来られて、我々が帰る頃には、お店の前にも待ちが出る状態になっていました。

小さいお店ですが、動線がイマイチで2フロア。その担当が基本お一人なので、一つ一つの応対に間が生じていました。お茶とおしぼり、間合い、メニューを渡す、間合い、注文をとる、という感じ。それでも良く対応されている方だと思いますし、お店によっては破綻する場合もあるでしょう。明らかに人数不足で、特に我々の後にお店に入った方は、待ち時間がキツかったと思います。

○鬼おろしそば いなりセット (1550円)
粗めの大根おろしを「鬼おろし」と名付けていました。お蕎麦にこの大根おろし、海苔です。それにぶっかけつゆでいただく様になっていました。十割というお蕎麦は、意外とつるっとして香りもそれほど強くありませんが、まずまず美味しくいただきました。おつゆはもう少し濃い方が嬉しいです。いなりずしが2個、ちょっと甘めでした。
○季節セット 鯖寿司2個 (1300円)
最初は上と同じお蕎麦に鯖寿司のセットを注文しようと思っていましたが、オーダー時に「鯖寿司なら季節のセットもありますよ」と奨められて思わず変更しました。「夏らしいさっぱりとした梅つゆ」という紹介でしたが、正直これはちょっと失敗だったと思います。やはり鬼おろしが乗ったお蕎麦に、蕎麦猪口には梅の香りが付いたつけつゆです。単に梅干しでなく、梅昆布(風)の味で甘酸っぱい味です。おろしが付いていたので極端なのは緩和されていましたが、やはり普通のおつゆの方が美味しくいただけたと思います。最後にさらっとした蕎麦湯を入れて飲んでみましたが、「ほぼ梅干し茶漬け」でした。一方、鯖寿司はちょっと魚の部分が塩っぱい感じですが、十分に美味しくいただきました。個人の好みのレベルですが、もう少し時間が経ったらもっと良かったと思います。

場所柄仕方ないのかもしれませんが、内容から言いますとちょっとお値段は高いと思います。特にお蕎麦が期待したほど、と正直思いました。変わった蕎麦つゆなど、不思議なものを今回は選んだのが影響したのかもしれません。したがって鯖寿司のお味で点数を付けましたが、次の機会には普通のお蕎麦と鯖寿司、または鯖寿司を持ち帰り、確認したいと思います。

余談ながら:この時に博物館で開催されていた「百獣楽園」展、楽しい企画でした。解説なんか読んでいると、展示に関わっている方々自身も楽しんでいる感じがしました。

【店舗データ】
京旭屋 三十三間堂店(きょうあさひやさんじゅうさんげんどうてん)
075-525-7228
11:00~15:00
定休日 不明
京都市東山区七条通本町東入西之門町563

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする