よろめき食い道楽記

日々見つけたオイシいもんのことを語ります

(閉店)電氣食堂おばけ [木屋町]

半個室風テーブルでいただく鳥料理と聞こえる噂話

【初訪問:2007年4月】
こう言っては叱られますが、まずは若者グループ向けの大箱店がテナントとして入っている、界隈では目につくビルにあります。レビューを拝読して、まずまずの好評価に誘われて伺いました。実は界隈の他店が満席で断られた時に、こちらを思いついて伺った次第です。好物の鳥料理がお得意ということで気にはなっていましたが、前述のとおり、場所柄あまり期待はしていなかったのが正直なところです。

エレベータから出たら直ぐに店舗、黒基調の内装もちょっとポイントのずれたavant garde。雰囲気重視の感じに、ますます料理の方が心配になってきました。一方、案内してくれた若いスタッフの応対は丁寧、元気な笑顔でこちらも嬉しくなります。スタッフどうしも仲が良さそうで、まずは気分良く案内された席につきました。

お料理は鶏肉料理全般、特に「つくね」や「たたき」が美味しく感じました。若い人達によるお店ですが、料理はいたってマトモだと思います。ただお酒類の価格設定は、お料理に比すると高め。ですので、沢山飲みたい人はちょっと気に留めた方が良いと思います。

こちらが落ちついている理由は、黒基調の店舗の各テーブルが、それぞれ高めの仕切りで「半個室風」に区切られているためです。そんなスペースで、ちょっとプライベートスペースな気分でゆっくり食事が出来ます。しかし個室感とは裏腹に、意外に隣の声は良く聞こえることに注意。食事の途中から、お隣から聞こえてきた話。ちょっと不用意なうわさ話でしたが、誠に失礼ながら、語られている方のお顔が気になって仕方ありませんでした。

【店舗データ】すでに閉店されています。
電氣食堂おばけ (でんきしょくどうおばけ)
以前の店舗場所 京都市中京区西木屋町四条上ル東側 永原ビル 3F

レビュー(食べログ)

広告を非表示にする